学校法人かけ学園

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
加計学園から転送)
移動先: 案内検索
「ひとつひとつの食材が持つ能力を最大限に引き出し、料理人として、社会人として、社会に貢献できる人材を養成する。」
建学の理念 について、加計勉
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「学校法人加計学園」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「加計学園グループ」の項目を執筆しています。

学校法人かけ学園(かけがくえん)とは、岡山県岡山市に所在地を置く、料理学校を中心とした各種の学校を運営する学園法人

概要[編集]

かけ学園創立者の加計勉は広島生まれの第二次世界大戦を経験した世代の人物である。原爆で焦土と化した広島の田畑を見て「日本の復興は食しかない」と考え、一念発起して料理人の道へ進むことを決意する。料理の世界で最初に手掛けたのは高級料亭。学んだ技術を十二分に発揮できる場であったが戦後間もない日本では高級料理の需要などなく失敗する。無一文となった加計に救いの手を差し伸べたのは料理学校の恩師であった。「なぜ技術にこだわるのか。食で人々を笑顔にしたいのであれば、ただただおいしいものを作りつづければよい。」と諭され、改心した加計は恩師の伝手を頼り銀行から融資を得て、新たな料理学校を開校する。それは料理学校の中でも極めて珍しい、そば専門学校「かけ学園」であった。

戦後から復興の時代に差し掛かり、料理人を目指す人々は多くいた。そこにかけそばという単純で安価な料理を突き詰めるかけ学園の理念とが見事にかみ合い大成功を収める。卒業生たちの確かな腕と、そばという料理自体の安さが高い評価を受け、単にそばと言えばかけ学園のそば、すなわちかけそばと呼ばれるまでとなった。

急成長を遂げたかけ学園はパスタなどの基本食を中心とした料理学校を次々に設立し現在に至る。大阪のもりそば学園と共に、時の首相におだてられるほどの期待を寄せられた。

一杯のかけそば[編集]

かけ学園では料理技術と共に料理人として心構えを重要視している。それを象徴するエピソードとして「一杯のかけそば」という話がある。

貧乏な母子が2人で1つのかけそばを頼もうとする。経営をシビアに考えるのであれば2席使われているのだから本来2食分を頼んでもらわなければならないところ、店主は快くそれを受け入れた。

これは食で皆に幸せになってほしい。ほかの手の込んだ料理ならともかく、かけそばくらい自由に食べれる社会を作りたいという加計の思想を受け継いだものである。

かけ学園問題[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「加計学園問題」の項目を執筆しています。

かけ学園はさまざまな種類の料理学校を設立していたが、1つだけ手が出せなかったものがある。うどんである。うどん業界は香川県が独占しており、石破茂と結託し、他県の人間にはうどん料理学校を許さぬよう規制をかけていた(岩盤規制)。そのため岡山県のかけ学園はいくら申請しても許可が下りなかったのである。しかし、一杯のかけそばのエピソードに心打たれたのは政治家も同じである。当時民主党の党員であった高井崇志による働きかけにより民主党はこの岩盤規制を取り除くことを公約とし、2009年第45回衆議院議員総選挙に勝利する。しかし高井自身は選挙区で当選できず、比例復活という醜態をさらしてしまったことで泡沫議員としての人生を余儀なくされ、公約もなかったことにされてしまった。

実際にこの岩盤規制の排除に動いたのは政権を取り戻した自民党であった。つまり、元民主党の勢力にとっては自分たちが掲げた公約を他党に実施してしてもらう形となってしまった。これだけでも政治家としては恥であったところに安倍晋三首相の「一杯のかけそば、これはですね、美徳なんです。美徳だからやる。あなたたちとは違うんです。」という発言に発狂。元民主党勢力は逆に岩盤規制を守ろうと全力を注ぐことになってしまった。しかしあまりにも安倍憎しが先に立った主張であったため安倍政権はこれを無視することを閣議決定し、2018年には外野の声をよそにあっさりかけ学園うどん料理学校を設立にこぎつけた。香川県の抗議をかわすため、愛媛県に動物のための料理学校を設立するという裏技[1]で岩盤規制を骨抜きにしたのである。

なお、高井崇志は岩盤規制問題の板挟み、また、安倍政権に自身の悲願をかなえられてしまうという恥辱に苦しみ、心の安寧を求め風俗へはまってしまう。2020年には服の上から触られて「かけ学園」してしまうが、その際におしぼりで拭かなかったことが公衆衛生上問題視され、当時在籍していた立憲民主党を除籍されてしまった。

注釈[編集]

  1. ^ 岩盤規制には香川県でなくても四国の自治体に限っては条件付きでうどん調理許可を出す特例があった。

関連項目[編集]