包丁

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「包丁」の項目を執筆しています。

包丁(ほうちょう)とは、日本では現代、最もメジャーな凶器である。殺傷能力が高く、殺人事件でも高頻度で使用されるため、免許による許認可制になることが国会で本気で検討されている。

近年の状況[編集]

天然の人(この場合は春日歩)が持ち歩けばそれは恐怖である

かつての日本刀職人(匠)が日本刀の免許による許認可制になってしまったため、無免許で所持できる包丁を作るようになった。

しかし、その包丁でさえ許認可制になれば職人(匠)の仕事が奪われるとして反発している。

学園内での調理実習と呼ばれるサバイバル訓練時や、日本の女性の嫁入り修行、男性の婿入り修行としてコレの扱いをマスターさせられる。それは魚を三枚におろす為であるとも、人間を三枚におろす為であるとも言われる。

近年の殺人事件の激減を受けて、殺人事件の発生率をゼロにしようとする運動がある。 運動家の中には凶器の扱いを学園内で学ばせる事はどうかと陳述書を提出している。いろいろと言われている包丁であるが、あるナイフマニアは「包丁が許認可制なら今度はカッターナイフも許認可制になるんじゃないの」と述べており、瀬戸際の交渉が続けられている。

近年の使われ方[編集]

台所での使用。なお、切っている物体はキャベツである。
ケース1:銀行

現金強奪時の脅迫兼護身兼自殺用に包丁を用いる。なおアメリカ等の諸外国では銃が用いられることが多く、包丁使用は稀であるという。もっとも最近では銀行員も対策グッズを用意しているので往時ほどの効果は無い。

ケース2:台所

調理という名目で日常的に用いられているが、実態は非常時でも包丁を容易に使いこなすことが出来るようにするための秘密訓練である。

種類[編集]

ごく一般的な殺人道具(三刀流)
  • 刺身包丁
    通称「長ドス」。人を刺身の様に三枚に下ろせる事からそう呼ばれる、長く鋭い刃を持つ包丁。
  • セラミック包丁
    耐久力に優れる凶器。ただし、乱暴に扱えば刃はすぐに欠ける。桜模様などカラフルな物を作ることができ、殺人事件の殺伐とした気持ちを和らげるようだ。
  • 穴あき包丁
    包丁を強化するためのマテリアを入れる穴が開いた包丁。
  • 麺切り毒包丁
    さるコックが持っている、触れたら死ぬような猛毒を塗った包丁。追加効果で毒に。一応包丁なので今のところ日本でも所持は合法。
  • 仮性包丁
    サヤ付きの包丁のこと。ただ、臭いのが問題。
  • 真性包丁
    刃先が薄い皮膚のようなもので終始守られている防御力重視の包丁のこと。
  • カントン包丁
    サヤ付を突き破ってる包丁のこと。
  • 包丁(PS0)
    フォトンドロップ99個で手に入る、刃渡り150センチはあるであろう凶器。武器種類は大剣。レベル20ならばどの職業でも装備可能。
    Wifi通信でたまにこれを振り回しながらレーザーで前方を薙ぎ払う大技縦回転の後地面に刃を突き立てる殺人大車輪横回転しながら周囲のものを切り刻む死のロンドを使いまくる恐ろしいフォニュエールがいるので注意。

関連項目[編集]


この項目「包丁」は、気違い死に物狂いで書いたものです。今はまだ狂った内容しかありませんハイ狂わせてくれる精神異常者を探しています。 (Portal:スタブ)