千歳線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「千歳線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「千歳線」の項目を執筆しています。

千歳線(ちとせせん)は、苫小牧市札幌市、ついでに新千歳空港を結ぶJR北海道のなんちゃってドル箱路線である。函館方面へ向かう特急や貨物列車が多く通ることからこっちが正真正銘の函館本線ではないかと言われている

概要[編集]

JR北海道の中で利用客数・列車の運行数ともに最強の路線。普通列車や快速エアポートだけではなく、札幌と道東・道南を結ぶ特急列車や貨物列車が行き来しており、北海道内の在来線の中では超過密ダイヤが組まれている。札幌と函館を結ぶ「スーパー北斗」も通称・山線を通らず当線・室蘭線を経由して走っているのに対し、札幌~小樽~長万部には特急が走っていないことから室蘭線の苫小牧~長万部間を含めて「真の函館本線はこちらではないのか」とまで言われている。

かつてはドル箱路線とまで言われていたが、ある時JR側が北海道内の全路線全区間が赤字と発表したのでドル箱路線と言えなくなった。しかし、前述のとおり超過密ダイヤかつ利用客が多いので千歳線が廃止されることはなく、頑張れば黒字に転換できる可能性もある。

北海道内の鉄道路線は市電・地下鉄を除いて電化率が低めと言われているが、実は千歳線は北海道内のJR線で唯一全区間電化されている。北海道新幹線(かつての津軽海峡線)も全区間電化路線であるがそこは津軽海峡を超えて本州まで線路が敷いてあるので道内のみでいうと千歳線だけである。

道南いさりび鉄道も全区間電化路線である。だがここはかつてJR江差線という名前で五稜郭~木古内間が電化、木古内~江差間が非電化だったが、非電化区間が一足先に廃止され電化区間のみが残ったのち、新幹線開業によりJRからいさ鉄に変わったので道内の全区間電化されているJR路線はやはり千歳線だけである。旧線?知りません。

路線[編集]

利用客が多く過密ダイヤである路線にも関わらず、沿線のほとんどは森と畑だらけでちょっと工場があるだけ、そしてベッドタウンを通っている路線という特徴から名所など全くない。新札幌~北広島間は丘陵地帯であるため地味に高いところを通っており、中でも北広島駅から見て札幌側の高架部分はアトラクション状態になっている。また、何もないところを通っているためか以前は一部の普通列車が通過する駅が3駅も存在していた。しかし、そのうちの1駅であった美々駅は2017年3月に廃止・信号所降格されたので2019年現在で一部の普通列車が通過する駅はサッポロビール庭園駅と植苗駅の2駅である。

千歳線は札幌駅を起点にしていると思われがちだが、正式には苫小牧駅1つ手前の沼ノ端駅を起点とし白石駅を終点としている。だがそんな細かい事は誰も気にしないし誰も知らない。

駅一覧[編集]

本線[編集]

駅名 駅番号 快速エアポート 備考
苫小牧駅 H18 通りません 正式には室蘭本線の駅だが案内上は千歳線も含まれている。室蘭本線の室蘭方面と日高本線はお乗り換え…と言いたいところですが日高本線の方は今どうなっているかはお察し下さい
沼ノ端駅 H17 正式にはここが千歳線の起点。しかし誰も気にしない。室蘭本線の岩見沢方面はお乗換え。ただし本数はえらい少ない。
植苗駅 H16
美々駅 H15 鉄オタのみならず飛行機オタの聖地でもあった旧駅。距離的に新千歳空港に近い位置だが、滑走路を挟んだ位置にあるので気軽に歩いて行けるところではない。しかも周囲にはゴミ捨て場とセメント工場以外何もなく一部の普通列車も通過していた駅だったので、物好きな人ではない限り降りたらそこで終わりだった。アニヲタの聖地機能を沼津駅に移転し、信号所に格下げされたので駅番号が欠番状態になっている。また全国で初めてICカード対応改札機設置駅が廃駅となった事例が生まれた場所である。
南千歳駅 H14 石勝線は乗り換え。かつては「千歳空港駅」だったけどその空港までの道のりがあまりにも遠かったのでここから空港へ結ぶ空港支線の開通により南千歳駅になった。
千歳駅 H13 石勝線はこちらでも乗り換えが出来る。千歳市内中心部に近い駅であるにも関わらず特急列車の9割は通過し周辺にアウトレットモール以外何もない隣の南千歳駅に停車する。なんじゃそりゃ。
長都駅 H12
サッポロビール庭園駅 H11 JR北海道の駅名標は隣の駅名はふりがな表記であるが、ここは駅名が長いので隣の恵庭駅には駅名標までも漢字表記になっているものがある。
恵庭駅 H10 正直何故ここにエアポートが止まるのかよくわからない。
恵み野駅 H09
島松駅 H08
北広島駅 H07 2面4線のホームである駅。札幌近郊のベッドタウンであるのに特急には無視されるかわいそうな駅。
ボールパーク駅(予定) 北海道日本ハムファイターズがこの付近に新球場を建てるので新駅の計画があったりするがいまのところどうなるか不明。
上野幌駅 H06 特定都区市内(いわゆる「札幌市内エリア」)の南端駅。しかし普通列車しか止まらない。
新札幌駅 H05 地下鉄東西線をご利用の方は乗り換え。ただし地下鉄の駅名は「新さっぽろ」です。駅の見た目からして想像しにくいかもしれないが快速の他特急も全て止まる。ただし、今は亡き寝台特急にはスルーされていた。
平和駅 H04 路線図上では函館本線の乗り換え駅と勘違いしてしまいそうだが、この駅に函館本線のホームは存在しない。紛らわしい。
白石駅 H03 こっちが本当の函館本線との乗り換え駅。エアポートは早朝・夜間しか停車しない。正式にはここが千歳線の終点だがすべての列車はここから札幌駅まで乗り入れ。
苗穂駅 H02 車両の魔改造の聖地である苗穂工場の最寄駅。正式には函館本線の駅。駅の建て替えにより工場が少し遠くなり鉄オタ涙目・・・
札幌駅 01 学園都市線・地下鉄南北線・地下鉄東豊線は乗り換え。ただし地下鉄の駅名は「さっぽろ」です。

空港支線[編集]

空港利用客でいっぱいの区間なのに単線なのが地味に痛い。

駅名 駅番号 快速エアポート 備考
南千歳駅 H14 石勝線をご利用の方は乗り換え。(以下同文)
新千歳空港駅 AP15 駅番号のアルファベットが珍しく2文字。しかもナンバリングカラーの青が薄くなっている。

旧線[編集]

苗穂~北広島間はかつて違う経路だったけど、国鉄が「スピードアップしたいから新札幌経由に切り替えるね」と言ったので廃止された。現在はこの区間に沿って地下鉄東西線が通っている。

駅名 備考
東札幌駅 東西線に同じ名前の駅が実在するが、若干位置が違っている。
月寒駅 他の廃駅付近に地下鉄駅が置かれた中で唯一、付近に地下鉄駅が置かれなかった残念な駅。
大谷地駅 東西線に同じ名前の駅が実在するが、旧千歳線の大谷地駅跡付近にある地下鉄駅は南郷18丁目駅

関連項目[編集]