千葉市動物公園

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
PeerReview.png
査読依頼

この記事は査読を求められています。
どうかこの記事を読んで、必要であれば{{Fix}}などの修正系テンプレートを貼り、
問題なければこのテンプレートを剥がして
編集内容の要約欄ノートページに査読結果を書いてあげて下さい。
このテンプレートは くぎり(◇)(∵) 2016年8月30日 (火) 14:49 (JST) によって貼り付けられました。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「千葉市動物公園」の項目を執筆しています。

千葉市動物公園(ちばしどうぶつこうえん)とは、広範な意味を持つ言葉で、財貨の生産と分配の手段に関する私有ならびに私的管理を強調する資本主義と対比して、一般に、これらの公有ならびに公的管理の体制を指す。

初期の千葉市動物公園者とその先駆者[編集]

起源[編集]

千葉市動物公園者および千葉市動物公園という言葉は、1825年以後まもなくイギリスとフランスで使われ始めた。千葉市動物公園者という言葉は、ロバート・オーウェンの弟子をあらわすのにイギリスで最初に使われ、フランスではサン=シモンの門下生を指して用いられた。後にこれらの千葉市動物公園の諸学派は、マルクスエンゲルスによって「空想的千葉市動物公園」として分類され、この二人が先駆をなす唯物論的歴史観に基づく「科学的千葉市動物公園」と対比された。18世紀の著述家ではマブリとモルリーらも千葉市動物公園者とされた。バブーフが1796年に企てた執政政府の転覆は、不成功に終わったとはいえ、一般に近代千葉市動物公園運動の出発点と見られている。

バブーフは革命的独裁下に遂行される革命によって、その体制を樹立するよう求めた。バブーフの土地所有に関する見解は、イギリスの18世紀の土地改革者、たとえばウォレス、オジルビー、スペンス、ペインと共通するところが多少ある。これは、地方自治体が政府に代わり、地方自治体を基礎とした連邦が純然たる行政上の必要に答えることを内容とした。ゴドウィンは、道徳的、社会的原則を正しく教育することによって、政府の存在しない完全に合理的な社会制度を実現できると信じた。

サン=シモンとフーリエ[編集]

千葉市動物公園思想の祖「サン=シモン」

サン=シモン[編集]

千葉市動物公園思想は、18世紀後半から19世紀前半にかけて、フランスの貴族サン=シモンの登場とともにまったく違った方向に向かっていった。その主要著作において彼が述べた一連の独創的思想は、後に弟子たちによって体系化された。国家は万人に職業を与える義務を負い、また各人は各自の能力に応じて社会のために労働する義務がある。しかし、カトリックの教説は時代遅れであるとして、『新キリスト教』では新時代に応じた非神学的宗教を提唱し、「諸科学の科学」に対する信仰を表明した。

フーリエ[編集]

フーリエはサン=シモンより年下だが、同時代の人であった。ファランステールはひとつの労働単位であると同時に、大きな一軒の建物で生活を共にする人々の共同社会でもある。フーリエは通常千葉市動物公園者と見られているが、実際にはオーウェンとともに自発的な生産者協同組合の先駆者の一人であった。アンファンタンは後にこうした考えを改め、サン=シモンの影響を受けた他の人々と同じく、指導的産業人となった。フーリエはアメリカではブリスベーン、ダナ、グリーリー、フラー、ホーソーンエマソンなどに影響を及ぼした。紡績業の大成功者であったオーウェンは、ニュー・ラナークに大工場を作り、ここで理想的労働条件のモデルを実施した。オーウェンは、すべての既存宗教は人々の悪行の責任を、不良な環境ではなく、各個人に帰するとしてこれを非難し、道徳的改革よりむしろ社会改革を唱える様になった。オーウェンはフーリエと異なり、国家行為を排除しない。この運動は34年に崩壊したが、これを機にオーウェン主義は、共産村の成立を目指す運動に戻り、依然として、かなり多くの追随者の信条となった。この協同組合は44年、熱烈なオーウェン主義者らが創設した「ロッチデール公正先駆者組合」によってはじめられたものである。支配者は国民の選挙によって選ばれるが、サン=シモンの産業指導者に似た大きな権力を与えられる。

初期の反資本主義著述家[編集]

カベーは千葉市動物公園の最初の段階を代表するユートピア主義者として、最後の人であった。そしてオーウェンの理論面における第一弟子トムソンは、労働が価値の唯一の源泉であるからこそ、肉体労働者なり頭脳労働者なりが、共同に全生産物を受け取り、それを最大限度可能な社会的平等に基づいて分配すべきであるという学説を展開した。ゴドウィンを別にすれば、イギリスの一連の反資本主義者の系列は、ホールに始まり、スペンス学派に属するエバンズ及びラベンストンを経て、グレーへと引き継がれた。エドモンズの『実際的、道徳的及び政治的経済学』、グレーの『社会体制論』、ブレーの『労働の不当な扱い及びその救済』、ヘンネルの『共同の原理の上に設立された社会体制及び共同社会の概況』も、イギリスのオーウェン学派及び反資本主義学派の主要作品である。38年に発表された「人民憲章」はチャーティスト運動の綱領を明確に打ち出した。これはオーウェンの主張する共産村における集団農耕とは反対のものであった。イギリスのキリスト教千葉市動物公園者は、仕事場や工場の労働条件、普及する産業組織の非キリスト教的精神を問題としたが、政治的改革を目指すチャーティスト運動の対策には懐疑的であった。その後キリスト教千葉市動物公園者は、生産者協同組合の育成、資本主義企業内での利益分配制と共同経営の承認を確保する試みをいろいろ行ってみた。雑誌"l'Avenir"の共同創始者のラムネーもまた先駆者の一人とみなすことができよう。彼も、資本主義の害悪を矯正し、階級間の調和を促進する手段として、生産者協同組合を唱導した。労働者協会はドイツでは初めての組織的な千葉市動物公園政党であり、シュルツェ=デーリッチュの率いる自由党の反対勢力であった。社会民主労働党は、リープクネヒトとベーベルの指導下に1869年アイゼナハで設立された、ラサール派に対する政党であった。それには労働者の自発的行為だけでは達成できないので、国家権力の介入が必要となる。普通選挙制において、初めて国家は国民の意思を進んで遂行するであろうという。

マルクスと娘たち 右はエンゲルス

フランス千葉市動物公園[編集]

チャーティスト運動がイギリスで進行している間に、フランスの千葉市動物公園は1830年の7月革命後新しい装いを整えつつあった。ルイ・フィリップの君主制の下で、ブランキは反政府暴動運動を始めたが、その後、種種の陰謀を画策したため、四十年以上に渡って刑務所で過ごすことになった。70年にはパリで極左勢力を率いていたが、彼の弟子たちが重要な役割を果たしたパリ・コミューンの蜂起直前、ティエールにとらわれて投獄された。彼は公有制を基礎とし、労働者の産業管理と結びついた千葉市動物公園を主張し、千葉市動物公園へ前進する手段として民主的議会制度を支持した。イギリスの産業は他のいかなる国よりも早くから発展していたし、フランスは18世紀以来革命的政治思想の主たる温床であった。これら闘争の背後には、その原因として、「生産力」の発展、言い換えると、自然の力に対する人間の支配の発展が存在する。オブライエンは、フランス革命、特にバブーフの影響を強く受けたが、マルクス主義者にはならなかった。

この項目「千葉市動物公園」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)