卞喜

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

卞喜または弁喜(べんき , Bian Xi , 生年不詳 - )は、三国志などに登場する武将、およびシャワートイレ。

生涯[編集]

黄巾賊時代[編集]

184年、中華初の衛生革命となった黄巾の乱において、衛生陶器として黄巾党に従軍、お手洗い周りの抗菌仕様の確立・オゾン脱臭の普及に努めた。

しかし旧来以前の儒教的観点から、野糞を奨励する後漢朝廷軍による抵抗は根強く続き、指導者・張角食あたりに倒れるとともに黄巾軍は瓦解する。

その後、卞喜らは残党を纏めて青州黄巾党を再結成、青州・徐州・兗州付近の水洗化に奔走した。

曹操臣下時代[編集]

192年頃、青州黄巾党は新進気鋭の曹操グループに吸収合併される。卞喜は一気に大きな後ろ盾を得ることとなり、河北のシャワートイレ普及を一気に推し進めることが出来た。

しかし、卞喜の影響力を恐れた曹操は、卞喜を西方の沂水関に「栄転」と称して配属した。事実上の左遷である。新しい土地においての販促活動は思うように行かず、不遇の時代をかこっていたとされている。

200年、突如現れたゴツい髭クレーマーによって沂水関支社が壊滅、その全責任を負って退社している。その後、社内監査によって鎮国寺地区を担当してた普浄という職員が直接の原因であることが判明し、卞喜に再就職するように働きかけたものの固辞されたという。

孫家臣下時代[編集]

曹操グループ退社後、新天地を求めて水洗先進地域である華南に移り、株式会社孫家に入社する。

208年赤壁出張中に起きた大火災事故に巻き込まれる。この時、火の海から黄蓋という老人を救出し、友人が到着するまで手厚く看護していたという。このことが当時の中日新聞に取り上げられ、一時的に日本でヒーロー扱いされるようになる。

その後、日本の衛生陶器会社によるヘッドハンティングに応じ、海を渡ったと「魏志倭人伝」にある。(但し、渡った先が北九州なのか奈良なのかは未だ不明のままである。)

武田家時代[編集]

明確な年代は特定できないものの、武田信玄に仕えた記録がある。

かなりの厚遇で迎えられたとされ、信玄は館に6畳一間の個室を用意し、そこに住まわせたという。信玄は卞喜の元へ頻繁に駆けつけたという記録もあり、衆道関係にあった人物のひとりとされている。

エピソード[編集]

  • 卞喜の知人に冀州刺史であった韓馥がいる。191年に卞喜の自室で韓馥が死んでいるという事件が発生している。当初は卞喜の毒殺説が持ち上がったが、後に鬱病が原因のDHMO服毒による自殺とされ、一応の解決を見た。実際の真相は不明である。
  • ジャン・ピエール・ポルナレフとも親しい仲で、インドで知り合ったとされている。やはり彼とも親友以上の関係であり、「卞喜の頬に付いたチョコレートを舐めた」という話を恥ずかしげに仲間に語るポルナレフの談話も残っている。
  • インカ帝国出身の残虐超人ベンキマンとも親しい仲であるという。彼のファンクラブを主宰しているのも卞喜で、結成から24年間会長を勤めていた。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「卞喜」の項目を執筆しています。