占星術

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

占星術(せんせいじゅつ)とは、天体の動きが人間の性格に何らかの影響を及ぼすだろうと考えたものたちが、世界の将来を占うために行っている徒労のことである。

目次

[編集] 占星術の状況

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「占星術」の項目を執筆しています。

占星術は古代バビロニアを発祥とするなど、歴史はきわめて古い。天体には惑星のように地球から見たときの動きが複雑なもの、黄道十二星座のように特徴的な位置に存在するものがいろいろあったため、それらが人間の動きにも何らかの影響を及ぼしているのではないかと考えたものたちが生み出したといわれている。1999年予言で有名なノストラダムスも占星術で未来を占っていたといい、昔は医学物理学に対しても占星術の影響力が強かったことを窺わせていた。

しかし近代になると、地球を中心として動いていると思われていた天体は、実は地球や太陽系の方が動いているためにたまたまそう見えているだけということ、それに星座もたまたま地球から見てそう配置されているに過ぎないということが分かったため、占星術と自然科学の間には大きな壁が出来てしまうことになった。中近世を生きたヨハネス・ケプラーは天文学者兼占星術者だったが、最終的には「占星術は天文学の愚かな娘」であると看做していたという。

だが今なお、様々な形で占星術は世に広められている。現在では自然科学と結びつけるのは最早困難と考えたのか、心理学などと手を組んでいる。主なものには以下がある。

[編集] 民放の占い

民間のテレビ局などでは、朝に黄道十二正座を用いた星座占いの特集が組まれることが多くある。しかし本当に天体をみて占っているかは、不明である。なぜならば局ごと、時間ごとにころころ内容が変わっているからである。

実際にはダーツコンピュータを使っているのではないかという噂まであるが、真相は検閲により削除

[編集] 六星占術

細木数子で有名。どんな人間でも「地獄」へ落とすパワーを有しているといわれている。しかし霊合星なんていう実在しない星が出てくることから、実は細木による霊感商法ではないかとも噂されている。もしかしたら六星占術の項目が参考になるかもしれないし、ならないかもしれない。

[編集] 占星術の問題

占星術には、以下のような問題点がある。

  • 未来に悪いことがあると予言したものがたくさんいたが、それがほとんど当たったことがないにもかかわらず、反省しようとしない
グランドクロスフォトンベルトとかでこの世の終わりが来るという予言は、昨今では1960年1982年1999年2000年などに唱えられており、その多くは占星術師によるものであった。過去に数十個も同じような予言があったにもかかわらず、全く反省せず未だに「2012年に破局が来る」などといっているものが多い。
  • 天文学に対する誤解が広められる
へびつかい座を星座占いに加えるかどうかで世間がもめたとき、同星座を新たに発見された星座だと誤解していた者が占星術師や信望者には多かった。古代ギリシア時代からあるにもかかわらずにである。
他にも土星の英名「サターン」は「サタン」の略称だと主張していたベテランの占星術師が日本にはいた。 ギリシア神話を理解していなくても星座占いは出来るらしい。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語