危険であることを忘れないうちは安全である

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

危険であることを忘れないうちは安全である(きけんであることをわすれないうちはあんぜんである)とは、平和ぼけした日本人に対する戒めの魔法である。

誕生[編集]

近年、日本では平和ぼけの平和ぼけによる平和ぼけが多発している。それらを危惧したGHQは対策として、156の戒めの魔法を発表した。"危険であることを忘れないうちは安全である"は、その第121番目の戒めである。

意味[編集]

"危険であることを忘れないうちは安全である"は、危険性の高い商品に使用されることが多い。この魔法を使用することにより、万が一に危険物の取り扱いを誤った民間人が出現した場合に、その責任を一切押し付けることが可能である。要するに、使用者が危険な目にあったときにための逃げ道をつくることができる。また、この魔法を使用している製商品を使用して危険な目に遭った人間は、メーカーから嘲笑を向けられることもある。 これらのことから、この魔法を商品に使用することで、使用者の自己責任を強め更に見下すことを容易にすることが可能になることが窺える。

使用例[編集]

紙雷管[編集]

一部の紙雷管はこの魔法が使用されている。この紙雷管の火薬をシャーペン用芯の空ケースに詰め込んだ中二病患者が身体に怪我を負った際、メーカーは"見舞い"を行った。つまりメーカーは「自分達には責任はない」ということをアピールするとともに「あなたが悪い」と嘲笑した。

受験指導[編集]

一部の高校では受験指導の一つとして、この魔法を生徒に使用している。魔法をかけられた生徒が受験に失敗した場合「危険であることを忘れてしまったから失敗した」ことにされ、受験に成功した場合「危険であることを忘れることなく取り組んだから成功した」ことにされる。この魔法は保護者にも適用されるため、生徒・保護者共に学校及び教職員に責任を求めることができなくなる。失敗した生徒は成功した生徒の内心で嘲笑されることがある。


関連項目[編集]

この項目「危険であることを忘れないうちは安全である」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)