友人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
のび太にさえ友達がいて、正しい理解を持っている
典型的な友達の例
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「友人」の項目を執筆しています。

友人(ゆうじん)の別名は友達ジャイアニズムでは心の友とも言う。友人が何人でどんな人間かで、その人が判断出来る。友人が居ない人は犯罪者(未遂も含む)。友だちと思っていても、その相手は単なる「スポンサー」だったり「都合の良い人」だったり、「金づる」や「数合わせ」だったり、「ネズミ講の子」だったりもする、そういった関係の実態を皮肉る作品も、各方面に至って様々出ている。単純に見えて実はとても難しい者で、付き合いづらい存在にも、悩みの種にもなりえる。

伝説[編集]

それは人間と同じ容姿をしていると伝えられている。能力は一般的な人間とほぼ変わらないとされるが、大抵の友人はとりついている人間の引き立て役となると言われる。「友人にとりつかれている間は友情という薄ぺっらい感情に支配される」と書かれている資料も発見されている。

まれにとりついている友人の方が人間よりも目立つことがあるが、それはとりつかれている人間と友人がいつの間にか入れ替わっているためであり、友人にとりつかれた人間は常に友人に取って代わられる恐怖を味わっているという。友人との付き合いは非常に困難を極め、勝手にとりついているにもかかわらず、とりついている人間の行動に腹を立て空気を読めと怒りをあらわにするらしい。

また、大昔から友人がその相手にとりつくことをやめる際は子供大人に限らず絶交という特別な儀式が行われており、より強力な友人を親友と呼ぶ。友人の中には人間の改造した難易度の高いゲームを数日を掛けてクリアするなど、忍耐力精密性において比類無い才能を発揮したと言う伝承が残っている。

現代における友人[編集]

現代では一般的に自分と似たような気質の物が友人として取り付くと言われているが、少数の文献には例外も存在するという記述が見られる。中には友人の友人アルカイダという人もいる。遊ぶ約束をして暇つぶしにちょうどいい相手にもなり、とりついている友人のおかげでその人がどのような人間であるかが分かることもある。

しかし、実際のところ世の中クズばかりなので、理想的な友人が取り付く可能性は極めて低く、友人は一歩間違えるといじめを受ける最大の原因にもなるらしい。 幼少期から悪口・暴力などいじめを受けて友人に全くとりつかれなかった人物が成人してから革命を起こし世間を騒がす事もある。進学するとだんだんとりついている数が減っていくパターンもあるが、これは違う学校から入学してきた新しい友人に慣れないなどが原因である。 だが、友人にとりつかれないと、周りの奴らは友人にとりつかれているのになぜ自分だけとりつかれないんだというストレスのおかげでエクストリーム・自殺に参加表明することもでき、2006年には、例年よりも多くの子供達がそういった理由で参加した。

※恋人になると異性ならともかく同性はこのようなことになるので注意。

また、可能性はかなり低いが上手くいくと友人は上級階級の親友になり、さらにそれを越すと恋人になるらしい。 結婚式に友人を呼ぶことが多いが、その友人の中で最も上級階級である親友の者が、たらたらとものすごくどうでもいいスピーチをすることが多く、サングラスの王はそれを大いに嫌い、裁きのタックルをスピーチ中の男性に加えたことがある。逆に一人も友人にとりつかれなかった場合はとても辛い結婚式を行う事となる。

中二病患者には友人はとりつきにくい傾向があり、友人にたくさんとりつかれているほどリア充らしく、逆にとりつかれなければ、ぼっちという新生物に進化することも可能。

少年、少女は小学生になった際に100人の友人にとりつかれなければならないという過酷な事を目標にした歌が存在する。

現代における友人は、単にその相手を都合の良いときだけ利用している、あるいは、されているという考え方も強いようである。特に最初で説明したジャイアニズム思想のジャイアンはその考えに当てはまる人間らしく、その証拠に都合の良いときだけ「心の友よ~!!」と叫んでいる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]