反日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

反日(はんにち)とは、日本の工業製品やコンテンツを買い漁ることなどによって、日本人の自尊心を煽って日本を戦前の国体に戻そうとする、褒め殺しの一種。

概要[編集]

第二次世界大戦後、日本はアメリカに実質支配されていたが、「アメリカのくせに(?)生意気な」と思っていた国は多かった。そのため、反日を積極的にし、日本のアメリカとの関わりが少なくなるようにしようとした。そして日本に戦争を起こさせ、最終的には日本を支配しようとしたのである。

具体例[編集]

中国
昨今の中国は、その活動を積極的に行っていることで日本人によく知られている。
2015年に中国で起こった「爆買い」は、反日の代表例とされる。中国人観光客が春節での休暇を利用し、高価な商品から日用品まで、様々な商品を買い占める様子は、ニュースなどで紹介され話題となり、2015年の流行語大賞にも選ばれた。
それに伴い、中国ではドラえもんなどのパクリ商品が出回ったため、逆効果となった。日本政府は当然中国政府に抗議したが、逆効果になるとは知らなかった中国政府は反日の姿勢をとり続け、「正式な許可を得ている」と一蹴した。その上、日本だけパクってブッシュを敵に回すのは流石に怖いと考えたのか、その後ディズニーランドもパクってみた。
韓国
韓国に反日の人は極めて少ないと一般的に言われるが、実はそれは間違いである。日本で人気の防弾少年団は反日であり、日本人の関心を韓国に向けさせることによって、アメリカへの関心を無くす狙いである。

効果[編集]

このような行為によって日本の世界ににおける評価は上がっているほか、技術の進歩が早まっている。そのため、日本が戦争を起こす必要は無くなったので、反日は無意味であると言える。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「反日」の項目を執筆しています。