出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

(くち)とは、複合的な作業を行う事ができるパーツのひとつ。一般にはにあるとされているが、女子に限りにもあるとの説が有力である。また災いの元であり、目と同様にものを言う機能を備えている他、滑りやすく、戸を立てられない事でも知られている。

概要[編集]

口には様々な機能がある。

  • 飲む

例えば牛乳コーラなどの飲料を飲むときは口に流し込む飲み方が一般的で、飲料は口から食道を通りへと運ばれる。その後胃に貯まった空気やガスも口から排出される。炭酸飲料を摂取した場合は、大きくて愉快な音が発生するため周りの人に聞かせてあげるのが大人マナーとされている。

また陰茎から発射される精子と呼ばれる液体を飲めることでも知られている。この場合は喉に引っかかりむせかえるケースがあるので慎重に飲み込む必要がある。

  • 打つ

博打の際には口を発声のために使用するケースが多い。単純な丁半博打では半か丁かの音声を口から出すことで意思表示をする。相手との駆け引きが必要な博打においては、相手の心理を乱すため言葉と呼ばれる言語を口から発声する。「カイジ君のカードはこれかな~?ふぉっふぉっふぉっ」とか「倍プッシュだ」、「続行だ」、「よせアカギ!」などのように使用する。

  • 買う

様々な機能を持つ口だが、最も複合的に使われるのはエッチをする場合である。女子高生などの未成年者を性的な意味で買うと当局のお咎めがあるので、登場人物は18歳以上とする。最初は出会い系サイトなどで文字によるコミュニケーションを行うため口は使用しない。おおよその条件が整ったらケータイなどで価格、時間、本番有りか無しか、ゴムかなどを口から声を出す事で行う。

次にプレイを開始するのだが、いきなり始めるのでは大人としての見識が問われる。ここでは現楽天イーグルス野村監督が選手時代によく使った、「囁き」と呼ばれる手法を用い、彼女の気持ちを高めよう、口を上手く使うのだ。さて段々と盛り上がった後には、優しくキスを行う。この時は口の前部に付属すると呼ばれる赤いところ同士をくっつけるのだが、口の内部に絡ませるのに便利なと呼ばれる細長いものがあるので、それを活用することが推奨されている。

ここからは衣服を脱がせたり、脱がせなかったり、一部だけ残したりするが、この時も前述の付属パーツである舌を使用する。舌には「絡める」という使用法の他にも、「なめる」という便利な機能が備わっているので、敏感なポイントを中心になめよう。また同時に口の機能の一つである「吸う」ことも忘れずに行いたい。なお女子の場合、下にも口があるのでなめるのを忘れないよう気を付けなければならない。

さあ攻守交代だ。海綿体の膨張により陰茎部が通常よりも大きくなっているので、女子の上の口で優しくくわえてもらう。女子は口を前後に動かすのと同時に付属パーツの舌を使ったり、口の「吸う」機能も使いこなせると評価が上がるので練習に励む必要がある。

いよいよ本番だが、この時は主として下の口を使用する。海綿体の膨張が限界に近づいている陰茎を下の口にそっと挿入する。その後内燃機関のピストン運動に似た動きをすることで下の口も満足すると言われている。尚、ピストン運動が短めになった場合、女子の上の口から聞きたくない言葉が発せらる事がある。これを「悪口」と言う。また女子同士で男子の品評を行う際に話題にされてしまうケースもある。これは「陰口」と呼ばれるので、持続時間の厳守が必須である。

そろそろ限界に近づいてきたが一旦冷静になろう。陰茎から精子が発射されるのは時間の問題だが、下の口に発射するのか上の口に発射するのか決断が迫られる。昔から下の口に発射するのは良くない事が起きやすいと言われているので、慎重に決める必要がある。何ぃ~?もう発射しちまっただと!?しかも危険日?わかった、こう言え「結婚しよう…」これを「口約束」と言う。

上下の特徴[編集]

上下で名称の変わるものがある。透明の液体が出る場合、上ならヨダレ、下なら愛液と呼ばれる。また異臭を放つ茶色っぽい液状の物が出ることもあるが、同様に上ならゲロ、下ならおりものと呼ばれる。また性的な行為においては上下共通なので、どちらの口で行っても良い。但し人目に触れる際は、上の口は世間に露出してもかまわないが、下の口を露出していると厄介な問題が発生するケースが多いので注意が必要である。

ことわざや四字熟語[編集]

下の口に発射してしまったがため、好きでもない女と結婚させられるといった不幸が訪れるの意。
  • あいた口がふさがらない
大きな玩具を出し入れしすぎて緩くなった下の口の意。
  • 目は口ほどにものを言う
ものを言うことでよく知られる目だが、口も目と同じくらいものを言う事ができるの意。転じて口だけでなく視姦もせよの意。
  • 口が滑る
あまりに愛液が多いと陰茎が滑り出てしまうので気を付けろの意。
  • 鶏口牛後(けいこうぎゅうご)
鶏は上の口でもてあそび、牛はバックから下の口にの意。
  • 異口同音(いくどうおん)
上の口でも下の口でも、陰茎を入れると同じ音がする。転じてどちらでも良いとの意。
  • いける口(いけるくち)※慣用句
老若男女問わず受け入れられる度量の広い口の意。

関連項目[編集]