古味直志

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
きれいなジャイアンこと古味直志

古味直志こみ なおし1986年3月28日 - )は四万十川の源流点である山奥から出て来た、きれいなジャイアン。通称:(ю:】
代表作は、デビュー作である『island』。

余りにド田舎から出て来てしまった為、彼の行動はすべて地元新聞によって報道されてしまい、きれいなジャイアンであることが新人漫画家の割には速攻でバレてしまった。

経歴[編集]

  • 1986年 - 出生。
  • 199x年 - 小学生の頃、ゲーム三昧の生活を送りながら、後の連載『ダブルアーツ』を構想する。
  • 200x年 - 神戸の漫画専門学校卒業後、実家で自宅警備員をしながらせっせと投稿に励む。当時のペンネームはクリスチーネ古味という少女趣味あふれるものだった。その当時自費出版した『虹のピスタチオ』は将来10万円で古書店界で取引される予定。
  • 2006年 - 『island』で第39回(2006年6月期)十二尻新人漫画賞準入選受賞。
  • 2007年 - 赤マルジャンプ2007年WINTER号に『island』が掲載されデビュー。その後2本くらい週刊少年ジャンプ本誌で読切を描くが、徐々に劣化。
  • 2008年 - 週刊少年ジャンプ17号より、厨とパクリフレア満載、登場人物の髪型がかなりカオスな初連載『ダブルアーツ』を連載開始する。連載開始からわずか13回目にしてジャンプ本誌の表紙を獲得する(ただし巻頭はトリコ)など当初は人気があるように見えたが、突っ込みどころ満載のネタ漫画だったため全23回でジャンプを旅立ってしまった。その後、連載復活を求めるフレア患者もいたが、打ち切りは嘘っぱちにはならなかった。同年、週刊少年ジャンプ本誌と青い核廃棄物処理場に読み切り『APPLE』『ペルソナント』を掲載するが、いろんな意味で相変わらずで連載にはつながらなかった。
  • 2011年 - 週刊少年ジャンプ48号より、なぜか読み切りの中でもあまり評判のよくなかったテンプレラブコメ『ニセコイ』を連載開始。当初からあまりにもテンプレすぎる展開に賛否両論であったが、キャラ人気だけはあったようで、ジャンプラブコメ戦争をまぐれで生き残る。しかし、度々行われる好きな人をないがしろにした置き去りダッシュ等、あまりに不自然かつご都合展開に読者の不満は募り、連載開始1周年目前に発生したフレアならぬキムチ事件(主人公が相思相愛のヒロインの告白を前に居眠り、重要な場面でゴリラがキスをキムチと間違える苦笑すらできないギャグを行う)を発端に、読者の中でも一気に前作同様ネタ漫画と化した。現在も、ゴリラ保護活動、シリアスゴリラパート、他ヒロインの踏み台、ネタキャラ化、キャラ崩壊、連続テンプレ、不自然な話の導入・展開等、ギャグ漫画顔負けの爆笑展開が続いている。
  • 2016年 - ニセコイ結局読者を置き去りにしてめでたく連載終了

人物[編集]

  • 基本、ゲーム脳。
  • なぜか頻繁に苗字を「コミ」と誤読される。正しくはゴミである。
  • 彼独自の厨房全開ポエムには定評がある。と思っているのは現在連載中のニセコイを純粋なラブコメと信じてるナンセンスな信者だけである
  • 漫画家の割には、ジャンプ本誌の巻末コメントのボキャブラリーと自画像と掲載されているマンガの画力が異様に低い。
  • ニセコイにおけるキス=キムチ等の描写からラブコメをギャグ漫画と勘違いしている可能性が高い。

…と思わせて肩すかしを連発しているため、読者からキャラだけでなく「漫画家」としての人格まで叩かれ始めている。まぁ当然の報いだよね

  • 専門学校卒業後は実家で投稿に励んでいたと言い張っているが、梅雨時に原稿用紙が湿気るという当たり前の事を連載が始まるまで知らなかった。(後述参照)
  • スケベのび太こと椎橋寛が『ぬらりひょんの孫』で大増41ページをとったのを読んだきれいなジャイアンが、「ひろしのくせに生意気だ」とジャンプ編集部に殴り込んで、ジャンプ2008年30号の表紙と超大増45ページを力ずくで奪い取ったのは有名である。ただ巻頭カラーは島袋光年の『トリコ』であり、アンケ至上体制は完全には覆せなかった。なお、4年後のニセコイではNPGなる新連載ゴリ押し枠を編集部から奪い取っている。
  • きれいなジャイアンは替え玉で、実のであるきれいなジャイ子ことゴミ子が漫画を描いていると言う噂もある。
  • これらの事から古味直志は、漫画はゴミ子で巻末コメントはきれいなジャイアンの完全分業制をとった兄妹ユニットの可能性が高い。
  • 漫画を描くことよりも何よりもゴリラとキムチが好き。ゴリラとキムチのためなら過剰持ち上げ、他の登場人物の踏み台化、シリアス長編を厭わない。
  • 好きな人の告白の前で居眠りするうっかり&鈍感な主人公同様、かなりうっかり屋さんである。どれぐらいうっかりかというと、作者が寵愛するゴリラが2位になった人気投票のお礼を読者にする代わりに、巻末コメントで読者にバレンタインチョコレートを催促しちゃうくらいうっかり屋さんである。

作品[編集]

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「古味直志」の項目を執筆しています。


キャプテン翼の例のアレ.jpg 古味直志 は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、古味直志加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)