右横書き

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索


この記事は右に寄り過ぎています。

ここが真ん中です。

夏の修正祭が始まりました / 記事執筆相談所が設置されました
き書横右
Bouncywikilogo small.gif

ユーモア欠落症患者のために、 ウィキペディアの専門家気取りたちが「右横書き」の項目を執筆しています。

右横書き(みぎよこがき)とは、 日本語アラビア語で用いられている記述の方法。

歴史と概要

かつては横書きと言えば右横書きであったが、 その理由には様々な説が存在する。

  • 実は縦書き説: 実は一行一文字説である。 一行に一文字づつ書いていけば縦書きが横書きみたいに見えるじゃん、 といったウソのやうなこじつけであるが、 ウィキペディアでは最も有力視されているようだ。 しかし分からないのは、 紙代や書く場所がもったいなくは無かったのかと。 ご先祖様を問い詰めたい。
  • 欧米対抗説: 欧米、 つまりは不平等条約を結ばされた腹いせとする説。 おうべいか!しかし、 そんなのよりもっと昔から右横書きが有ったらしいので、 学会では却下された。 でも俺はこの説が好きだ。
  • 現代での使用例

    現代でも愛好家が存在する他、 いくつかの場面で敢えて右横書きが用いられる場合がある。

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語