名鉄河和線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名鉄河和線」の項目を執筆しています。

河和線(こうわせん)とは名古屋共和国の東海市から美浜町を結ぶ路線。せんとりぁーが出来てから常滑線の付属品のような路線になってしまった。

概要[編集]

知多半島の東側を縦貫している。沿線は宅地開発が進み、知多半田駅 - 知多武豊駅間をほぼ並行している馬車鉄道武豊線とライバル。武豊線は馬なのに何故か電化をし、高速化に努めている。 名鉄では珍しく線形が良好なのだが、高速化は面倒くさいらしくほぼ意味がない。しかし、武豊線が武豊から金山まで最速で47分、670円かかる一方、河和線は知多武豊から金山まで31分、660円かかる。つまり、あまり力を入れていないのに倒壊に勝っているという河和線は名鉄の「地味にすごい」路線であるのだ。

歴史[編集]

知多鉄道が大恐慌のなかで (鉄道省管理の) 武豊線への嫌がらせのため建設した。土地買収がうまくいって線形もよく、一部区間で複線化もさせてやっと建設したのに鉄道省が逆に嫌がらせ[1]をしてきたことにより名鉄と併合してしまった。

種別[編集]

特急
馬車鉄道に乗客が洗脳されるのを阻止している。一番乗客が喜んで乗る種別であるが、ほとんどが名古屋止まりなのが残念だ。
快速急行
河和線内では急行と停車駅は変わらない。よって、必要性が0である。
急行
「そんなのより特急を使う」という人が多いので、役に立っていないことが多い。ということでさっきの快速急行は、必要性がさらに下がりました。
普通
知多半田駅金山駅を往復する列車。特急列車との乗客の数の差は言わなくても分かるほどある。実は河和ゆきがあるのは誰も気にしない

主な駅[編集]

TA 09 太田川駅

南セントレア市独立を危惧した名古屋共和国が名鉄に命じて要塞化をした。

KC 01 高横須賀駅

常滑線の尾張横須賀駅の近くにあるため当を走行する電車から尾張横須賀駅を見ることができるが利用者も尾張横須賀駅の2分の1程で尾張横須賀駅から700mという距離にあるので本当に必要なのか謎である。高横須賀駅付近に住むおばあちゃんによると「トイレがめちゃくちゃ汚すぎてきめぇので尾張横須賀駅を使ってる」とのこと。 こんな何も無い駅だが、沖縄の殺人犯がこの駅のトイレで捕まったり、広瀬アリスが撮影に来ていたりなどなんかいろいろすごい駅である。

KC 03 南加木屋駅

南があるなら加木屋も…だが、何故か廃止された。名鉄は駅名を変えるすら面倒くさいらしく南加木屋のまま放置された。夕日がめちゃくちゃ綺麗。

KC 12 知多半田
河和線の駅で、一番まともな駅。コンビニがあったり、エスカレーターがあったりなど、他の駅と比べて近代的であるが、少し歩いたとこにある半田駅は、歴史的という理由で駅舎はおんぼろだ。
KC 15上ゲ駅

名鉄は味噌汁嫌いらしく大体の列車は通過する。 利用者は300人程で河和線の中では2番目に利用者の少ない駅。名前がアレなのでAAにされたりMADに使われたりなどネタにされている。利用者が少なく知名度の高い駅なんてこの駅くらいだろう。

KC 17 富貴駅

知多新線は乗り換え。神宮前駅と同じく、とりあえず特急が止まる。ここ以南はダイヤを組むのも面倒くさいらしく、知多新線と同じく特急とか関係なく各駅に止まる。この駅はホームが2つあり、そのどちらで待つかで乗りたい電車に乗れるかどうかが決まる。なぜなら、どちらのホームにも同じ方面の列車が来るからだ。もし待っていたホームじゃない方に列車が来たとしても、もうそのホームへは行けない。富貴駅のホームは踏切で行き来するからだ。

KC 19 河和駅

一様観光地という感じを出している駅だが駅の周りにはスーパーマーケットとバス停しかない。知多新線の内海駅と比べれば寂しさはあまり感じない。

脚注[編集]

  1. ^ 陸上交通事業調整法–戦時中に鉄道会社をまとめるための嫌がらせ行為。

関連項目[編集]

東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「名鉄河和線」は、混雑がひどく、両数を増やす案が出ています。両数を増やして下さる協力者を求めています。  (Portal:スタブ)