名鉄竹鼻線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

竹鼻線(たけはなせん)とは、愛知県を一切通らない名古屋鉄道の路線である。

本項では、運転系統上同一路線である羽島線(はしません)についても解説する。

概要[編集]

竹鼻線・羽島線は、笠松駅から新羽島駅までを結ぶ路線で、新羽島駅で東海道新幹線に乗り入れ米原方面に向かう。竹鼻線と羽島線の境界となっているのは、一応 江吉良駅ということになっているが、運行形態的にも一緒になっているのでわざわざ江吉良駅から新羽島駅の1駅間を羽島線と呼ぶ意味はもうない。にも関わらず、竹鼻線・羽島線と路線図に表示されているのは名鉄が路線名を変えるのが面倒くさい歴史的経緯からである。

存続区間[編集]

基本、竹鼻線・羽島線は一体化していて、毎時4本 普通列車が線内を往復している。朝夕方は笠松から名古屋本線に直通する岐阜行きの列車があって、岐阜〜笠松間の哀れな普通停車駅達を救済しているかと思いきや、なんと名古屋本線内は急行列車。一部、本線内でも各駅停車するものもあるが、全てそのようにさせないのが「名鉄クオリティー」である。2001年までは竹鼻線内でも急行列車だったものもあったのだから、それに比べたらまだマシだ。竹鼻線・羽島線の列車は4両または2両編成で、白に赤帯のやつや、いつもの真っ赤なやつが特急列車と連結するまでの時間に暇を持て余して入線することが多い。これを間合い運用と言う。まあいい とか言わない なお、この路線は全線単線である。列車の行き違いは、竹鼻線内の3駅をフル活用させて行っているのでこれ以上の増発は不可能だ。実は、有人駅が2駅しかないこんな路線に特急列車が普通列車に連結してやってきたことが一度だけある。名鉄いわく、これは逝っとけダイヤが発動したのではなく羽島市のイベントに伴った運行であるそう。

廃止区間[編集]

竹鼻線は、かつては江吉良駅から大須駅まで線路があった。2001年秋に廃線されたこの区間は、羽島市役所前駅と大須駅を往復する列車が毎時2本あって、全ての駅のホームの長さが2両分といういかにも空気輸送を行っていそうな区間であった。

歴史[編集]

竹鼻線

かつて竹ヶ鼻町などの地域は、道路もしくは水運しか移動手段がなく、度々洪水に見舞われるこの地からの脱出も不可能であった。美濃 (税 未納) 電気鉄道が笠松線を開業した際、住民は美濃電に竹ヶ鼻までの延伸を要求したが美濃電は気にしなかったという。それに怒った住民たちは、竹鼻鉄道を設立し笠松から竹鼻を結ぶ路線を1921年に開業させる。さらにその8年後には竹鼻から大須まで延伸し乗客をどんどん増やしていった。あまりに調子に乗りまくった竹鼻鉄道は、バス事業にも進出したが後に事業を譲渡しいろいろあってそれは岐阜乗合自動車 (岐阜バス) となった。結局、竹鼻鉄道は名古屋鉄道 (美濃電気鉄道は既に合併済み) に吸収合併され路線は名鉄竹鼻線に。名鉄は駅の名前改称、休止、廃止を進めた。そんなところに岐阜への侵略を目論むとある鉄道会社がやってくる。近畿日本鉄道だ。

羽島線

近鉄は、養老線を足がかりに、大垣市、岐阜羽島駅を結ぶ路線の計画を立てていた。そしてさらにはその路線を分岐させて岐阜駅までの延伸をするつもりだった。これをなんとか食い止めるべく、名鉄は休止中だった江吉良駅を復活させ、竹鼻線江吉良駅から分岐させて岐阜羽島駅に至る路線 (羽島線) の敷設許可を申請。名鉄の敷設許可が下り、近鉄の計画は見送られ失敗に終わった。名鉄は岐阜羽島駅開業に合わせて路線建設をする予定だったが、自治体の嫌がらせ (土地区画整理事業) や他の計画 (豊田新線、知多新線、瀬戸線改良) などに手を回していたことにより岐阜羽島駅開業から18年後にようやく羽島新線を開業させた。だがしかし、羽島線は通勤路線として使われ 岐阜羽島駅へのアクセスにはあまり使われなかった。なぜなら、新幹線に乗る場合 岐阜から岐阜羽島駅に行くより名古屋駅に行った方が早いからである。東海道本線で、岐阜駅から名古屋駅までは最速約20分であり、しかも名古屋駅は全列車が止まり利便性に大きな差が出ていることもあり、結局 羽島線建設は近鉄の岐阜侵略を防いだだけであった。

一部区間 廃止

そして2001年、名鉄はついに竹鼻線の江吉良駅〜大須駅を廃止し羽島線は完全に竹鼻線の一部と化した。それと同時に、羽島線開通からあった竹鼻線内の急行を廃止。通過駅の乗客を苛立たせることはなくなった。(そもそも乗客が検閲により削除) 2018年現在、廃止区間には羽島市運営の代替バス、「はしまわる」が走り回っている。

主な駅[編集]

竹鼻線・羽島線の駅は全て岐阜県に位置する。また、ほとんどの駅が無人駅のくせに全駅がmanacaなどの交通系ICカード対応である。

NH 56 笠松駅
なぜか快速特急停車駅。3駅先の新木曽川駅も同じく快速特急停車駅だがあっちは何も乗り換えられない。さらに言えば、西尾線に接続してる新安城駅はなぜか特急停車駅。
TH 01 西笠松駅
笠松駅の西にあるから西笠松駅。竹鼻鉄道の時代ではこっちが笠松駅だった。ちなみに、ここと笠松駅の間に笠松口駅という駅が存在していたことがある。
TH 03 南宿駅
駅舎のスペースが足りず、笠松方面のホームの中央に駅舎がある。そのため、この駅の使用方法は非常に面倒くさい。小さい駅舎には二つ入口があり、中には自動改札機が一台設置されている。電車に乗るときは左側の入口から、降りるときは右側の入口から改札を通ることで入出場処理される。つまり、改札を通るのを忘れてしまうと他の駅で降りるとき厄介なことになるということだ。また、意図的に改札を通らないことでキセル乗車が可能であったりする。
TH 05 不破一色駅
駅名は、かつてあった不破一色村から取られた名前。名鉄の駅の名前で一番かっこいいと話題を呼んでいるが実際は1面1線のしょぼい無人駅である。
TH 06 竹鼻駅
第2回「中部の駅百選」で選ばれたことのある駅。かつては竹鼻鉄道の本社が隣接していたが本社の建物は最期は倉庫として使われた挙句 取り壊されて月極駐車場になってしまった。また、駅名が栄町駅だったことがあるが瀬戸線の栄町駅とは全く関係ない。
TH 07 羽島市役所前駅
駅名の通り、羽島市役所の最寄り駅である。笠松駅を除けば、この駅が竹鼻線・羽島線で唯一の有人駅。ここで折り返しの列車は夜間に停泊するので、乗務員の宿泊施設も存在する。大須方面の列車があった頃は分岐駅の江吉良駅を半数の普通列車が通過していたので、事実上こっちの駅が乗り替え駅であった。また、ここから大須・新羽島方面の分岐点を遠隔操作していた。
TH 08 江吉良駅
戦時中の合理化により休止状態であって廃止を鉄道省に迫られていたが、羽島線建設で分岐駅として復活。しかし江吉良駅〜大須駅は廃止された後からはただの中間駅の位置ずけに戻ってしまった。まあ、逆に格が下になったことで全列車が停車するようになったということでもあるのだが。
TH 09 新羽島駅
名鉄の駅の中で一番西にある駅。東海道新幹線 岐阜羽島駅のすぐ隣に位置する、無人駅だ。おそらく終点駅ということにも関わらず無人駅なのは、それほどJR新幹線を嫌っていて、JRの駅員と目を合わせたくないということであろう。また、列車がこの駅の車止めに衝突した事故が発生したことがあり、一般的には雪でスリップしてブレーキが効かなかったことにされているが本当はJR検閲により削除なのではないかといわれている。事故の反省から、停車位置を少しずらしてドアカットを行なったため鉄分を求める人や野次馬が訪れてきて、ある意味利益が出た。

廃止駅[編集]

江吉良駅〜大須駅間の廃止駅は全て岐阜県羽島市に位置する。どれもあちこちから地名をカッパらったような駅名である。

牧野駅 (岐阜県)
廃駅後もホームが現存していることがグーグルマップからもなんとか確認出来る。この駅は京阪本線のとある駅より開業が遅いので、駅名を真似ている。
中区駅
もちろんこの駅は名古屋市の中心地ではない。1面1線のこの駅は、廃止から13年以上を経て道路になり完全に消滅した。
八神駅
「やがみえき」と読む。「はっしんえき」などとは読まないので注意。
桑原駅
この区間が廃線になる前から廃止された駅。噂によれば雷がこの駅の辺りには落ちたことがないらしい。しかし今ではまるで雷が落ちたかのように、跡形もなくなっている。
大須駅
竹鼻線の終点駅だった。鶴舞線の駅名に似ているが、本当に関係がある。実は大須駅の近くの寺の一院が、名古屋城城下に移転したのが大須観音であり、地名は実は鶴舞線の方が真似ているのである。なので大須駅は逆に駅名をパクられた駅である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名鉄竹鼻線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「名鉄竹鼻線」の項目を執筆しています。
東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「名鉄竹鼻線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)