名鉄築港線

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「名鉄築港線」の項目を執筆しています。

名鉄築港線(めいてつちっこうせん)は、名古屋市にある大江駅東名古屋港駅を結ぶ名古屋鉄道の路線である。非常に短い路線である。名鉄では羽島線とともに、名鉄の中で1区間のみの路線として知られる。余談であるが、名鉄築港線で検索しても専門家気取りのページが最初に出てこないので、マイナーな路線と言える。また、非常に短い。

路線概要[編集]

貨物路線であったが、現在は扱っていない。周辺工場への通勤路線であり、定期利用率は90%にのぼる。

歴史[編集]

1984年に名鉄が貨物取扱いを廃止するまで貨物の取扱いを行った。

年表[編集]

  • 1924年(大正13年)1月15日:開業、1.9km
  • 1939年(昭和14年)10月16日:複線化
  • 1959年(昭和34年)9月26日:水没
  • 1959年(昭和34年)10月12日:単線化
  • 1984年(昭和59年):貨物廃止
  • 1990年(平成2年)11月15日:1.5km(962hyde)に縮小

沿線風景[編集]

大江駅にて運賃精算を行い列車に乗り込む。

すぐに右にカーブする。

右手に貯木場、左手に工場、前後にはむさいサラリーマンたちを眺めつつ、東名古屋港に到着する。

運行種別・運行形態[編集]

かつては常滑線との直通優等列車もあったが、現在は普通線内折返し便のみである。

  • 普通(5000系など、ラッシュ時のみ)
  • 平日:20往復/日
  • 土曜:10往復/日
  • 休日:7往復/日

トリビア[編集]

名電築港駅[編集]

旅客営業をやめてから貨物営業もやめた、違う意味での秘境駅が存在する。駅舎はもちろん、ホームもない。

  • 名鉄電車始まりの地
  • 名鉄電車は日本車輌製造で造られてから、JR豊川駅~(中略)~名電築港駅で運ばれる。
  • 名鉄電車の仕置き場
  • お亡くなりになった電車はここで重機の餌食となる。
  • ダイヤモンドクロッシング

閉じずの踏切[編集]

東名古屋港の先に、県道55号線との踏切があるが、営業列車はないので滅多に閉じない。

この踏切が閉じるのは、名鉄が列車を輸出入するときのみである。見られたらとても運が良い、と言える。

また、この踏切が本当に閉じるときは、蛍光ベストを着た誘導員が停止の案内をして、道路通行を閉鎖し、安全を確認したあと列車を通す。なので、誘導員がいない通常時は止まる必要は全くないはずなのだか、・・・・

閉じずの踏切であるので、名古屋共和国の運転手はこの踏切で一旦停車をしない(誘導員が閉鎖の合図をしていないことからね)。ただし、県外ナンバー車は、一旦停車してしまうことがあるので、追突事故のメッカとなっている。愛知県警港警察署の見解は「いちおー止まってね」とのこと。

関連項目[編集]

東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「名鉄築港線」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)