吾輩は猫である

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ希望が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

吾輩は猫である(わがはいはねこである)とは夏目漱石によって著された小説である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「吾輩は猫である」の項目を執筆しています。

概要[編集]

吾輩は猫である。

明治に入り、近代化に向けてひたすら西洋欧米)人の真似ばかりしている一部の日本人の滑稽なありさまを、ハンドルネーム「」の視点から書き上げた壮大なネット戦争の記録である。

漱石は外国文明ばかりを有難がり、日本古来の文化を蔑む当時の先進的と言われた人々を嘲笑う目的で本作を書き上げたが、当時の主流であった文語調ではなく流行りの口語調で書かれた。その為に偉大なる軍医閣下森鴎外から流行に乗った軽薄な奴と馬鹿にされた。漱石は「脚気病原菌説に拘って数多の兵を無駄にした官僚主義者に言われたくないね」と続編でこき下ろして溜飲を下げたが、ガチで殴りあうと流石に軍人には負けるので、面と向かっては言わなかったらしい。

初版は500ページほどの長編といわれていたが、版を重ねるごとにページ数が肥大化し、現在第22版は1700ページまで増えている。特筆すべきは長く逸失していたといわれる、最終章「我輩は猫耳である」が2003年3月3日に出版されたことであり、すべてのネット戦争が自己へ回帰していくことを暗に示している、あるいはあぶり出しによって浮かび上がる「偉い人にはそれがわからない」という文字に対しても、さまざまな憶測が飛び交って社会現象になった。

関連記事[編集]


媚を売ってみる 吾輩は子猫である。内容はまだ無い。
どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。こんな吾輩を育てて欲しい。 (Portal:スタブ)