周恩来

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
偉大なる党総書記、習近平大人は見ている
百毒百科認可
本項の文章と内容は完全に正しい事実と百毒百科管理人及び無産階級民衆と中国共産党員の批判闘争で一致して定められました。
この資料を疑うことは思想犯罪であり、疑った者は一律に新疆及び西蔵へ送り、労働改造で再教育されます。

周 恩来(チョウ・エンライ/しゅうおんらい、1898年3月5日 - 1976年1月8日)とは中華人民共和国儒学思想むき出しな名前の政治家。毛沢東の側近として初代国務院総理、外交部長など要職を務める。

周恩来
周恩来首相.jpeg
基本資料
本名 周恩来 
生没年 1898年3月5日 - 1976年1月8日 
出身地 大清帝国江蘇省 
所属 中国共産党

生い立ち[編集]

清の時代に都市ブルジョワの家系に生まれ、「周の恩が来た」と命名される。儒教の理想たる周の再来を目指した名前だったが、儒教の教えに従って商業を蔑んだために一家没落、養子に出された。しかし、苦学して自分たちの社会を破壊してくれた憧れの日本にやってくるも、東大受験に失敗して日本に失望し、名前からして決してありえぬ社会主義思想に開眼して天津に戻って5・4運動に抗議してタイーホされた。儒学式に勉強して上手くいかなかったので、社会主義に目覚めたという経緯は、共和国誕生後に周が「不倒翁」として失脚しなかった最大の理由である。

この歴史の真実は自伝に堂々と綴られているが、表の世界では闇に葬られようとしている。

革命まで[編集]

鄧小平とともにフランスへ留学し、中国共産党に入り、毛沢東の側近となって長征に同行する。毛沢東が周を最大の側近にしたのは、東大受験に失敗して社会主義に開眼した経歴を、インテリだからこそ青白い社会主義にかぶれる輩よりも遥かに高く評価していたためである。

原理主義に凝り固まった反対勢力たちは、周恩来という名前そのものが反動分子そのものと反感を抱いた。これに対して毛沢東は「周は原始共産制国家だった」という発展段階説に基づく新説を発表して周をかばった。儒学の学校で打擲とともに暗記させられたことをたたき潰す毛の姿に、周は絶対の忠誠を誓った。

日中戦争が始まると、東大卒の指導者層に指揮された日本軍が攻めてきた。周は一般兵を東大に落第した同志とみなして、戦闘を躊躇したが、結局「彼らは東大卒の指揮に従っているから東大の一部」と思い直し抗日を訴えた。しかし、全てが終わった後に「日本軍兵士も被害者」という説をつくるため、前線を国民党に任せるという外交術も駆使した。

革命後[編集]

中華人民共和国の誕生後は1949年から76年の死去まで国務総理兼外相となり、どうせ新皇帝になろうとしている主君に対して、儒学思想を正直に名乗っていると名声を集めた。そして、第三世界結束のために平和五原則をインドのネルーと唱えた。

とはいっても、その原則は校長先生みたいに堅苦しいものだったが、舌の根も乾かぬうちにチベットを「併合」し、平和五原則の文言をブラックジョークにする辺り、頭の固い東大生の共産主義者には想像できないものだった。外交舞台をジョークの題材にする周に中国人民は喝采を叫んだ。まぁ、国務院は人民解放軍の指揮権がないから、周恩来は全く悪くないんだけどね

大躍進政策[編集]

大躍進政策は文字通り、農業や工業を急進的に発展させようとした政策である。 慎重な周恩来は、急進的な政策に強く反対して毛沢東に自己批判を迫られてしまう。

文化大革命[編集]

四人組が起こした文化大革命は、些細な赤いユーモアで多くの政治家の生命を奪った。しかしながら、名前そのものが打倒対象の周恩来は、モンゴル人のウーランフーや、かつて皇帝だった愛新覚羅溥儀を保護した。周恩来は文革の「火消し屋」として紅衛兵の横暴を抑え、失脚しなかったのである。ただし、四人組の江青から色々批判を受けており、投獄さられるのではないかと周恩来派の政治家は心配した。

文化大革命とは儒学思想の打破根絶であり、「周の恩が来た」国務総理など打倒されて当然の存在だが、その渦中で側近にとどまり続けるとはどうしたことだろう。これは毛沢東が皇帝を打破するといいながら新たな皇帝になったことや、万人平等だという人民共和国の実像が世界一の格差大国だったことと並ぶ中国現代史3大ミステリーに数えられているが、平和五原則にみるユーモア力が打倒を許さなかったことは確かな事実だ。

ちなみに[編集]

周恩来が田中角栄と国交回復したのは、東大受験失敗の挫折感を誰よりも共有できる同志だったからである。東大卒の佐藤栄作福田赳夫では決して成し遂げられなかった。

その他[編集]

  • 文化大革命の際に、弟が紅衛兵に殺害されそうになったが彼は弟をタイーホする。そして、軍の保護下に置くことで家族を失うことを免れた。
  • 初期の共産党では彼が毛沢東に司令を出していたが、戦略家の毛沢東の才能を認め指導者の座を譲ったとされる。

関連項目[編集]

Hammer and sickle.png この項目「周恩来」はまだ書きかけということを認める。ソビエトロシアでは、この項目があなたを加筆する!! (Portal:スタブ)