地獄

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
「地獄への道はいつも善意で満ちている」
地獄 について、野原ひろし
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「地獄」の項目を執筆しています。

地獄(じごく)とは、田代絶対エヴァ神によって支配される、歪み変質した世界である。

他には情報統合思念体ないし、エネルギーであるとの説もある。

目次

[編集] 構造

実態は全て不明である。しかし、最近の研究などにより輪郭が見えてきた。現在では3つの理論と1つの人的存在により、ここ156年で一番研究が進んでいる。

旧理論では中心に絶対エヴァ神がおり、そのまわりを包み込んでいるのが地獄 ― とする理論が盛んである。ちなみに現実世界にいるエヴァ神こそが本物であり、地獄に居るのはそのコピーといわれている。この空間への侵入はの領域への侵攻、侵入である ― とされる。

後述する新理論の場合は、現実世界/並行世界の間にある世界で、太陽核融合の規模を遥かに超えるエネルギーのみが存在するといわれている。よって侵入すると強大なエネルギーに飲み込まれ、存在は消滅する。このエネルギーは広義の永久機関とされるが、理論的に未完全であることは否定できない。

情報体説では、地獄は情報統合思念体の亜種であり、解析不能の情報が幾重にも蓄積された多構造物質であるとされる。あらゆる世界から廃棄された情報の残骸や情報そのものが多重に結合する。その結合段階で情報が実行され、地獄が存在を形成するという。

※この項の理論の更なる詳細は後述する。

[編集] 住人

常時、歪みが進行しているため、この世界では現実の物理法則は皆無であると思われる(ただし、これは旧理論・新理論定義。情報体説によると現実世界の物理法則となんら変わらない)。

旧理論においては、数本/秒の速さで絶対エヴァ神による改変がなされている不遇なる世界であるため、この世界は常に変動しており住人は皆無と言われている。

新理論では地獄=エネルギーであるため、住人などはもちろん皆無である。

情報体説では、住人が情報そのものであると規定される。

[編集] この世界への冒険

一緒に地獄に落ちよう!!

現在のところ、世界でもっともこの世界に精通している国家であるのび太国総理保守軍隊第45275975番隊の秘密組織によって空想科学理論をベースにした実験的な侵入が行われている。しかし生還者はいない。なお侵入には秒速784.2151414548875442144447・・・・・・・Ym(1のび太速度)の速さで推進する対消滅推進飛行装置???を遠心回転させることでテレポートさせるという。その際にDHMOの変質物質が使われるため、1回で40万人が死ぬという[1]。しかし、のび太国の崩壊により、これ以上の旧理論発展はないと思われる。

他の理論での冒険は行われていない。現在の理論では情報体説での情報解析が一番現実的であるという意見が多数を占める。

(註)

  1. ^ 原材料はDHMOだが、変質後はサリンレベルの猛毒とされる。

[編集] のび太国以外の反応

他の国々は『地獄への侵入は不可能』という意見がほとんどである。理由は等価交換の法則である。これを実証したことで有名なのがエドワード・エルリックである。しかし、エドワードは弟のアルフォンスとともに行方不明であるため、これ以上の理論はわからないとされている。そのため諸外国では『地獄≒死』という認識が市民権を得ている。現在の諸外国理論ではエヴァ神の影響ではなく、並行世界(パラレルワールド)と現実世界の間で起こる、なんらかの現象により現実世界/並行世界とは全く別の世界第三空間』(ATフィールド? )が降臨するという理論が多数を占めている。

よって第三空間をベースに考える理論を新理論、のび太国のようなエヴァ神理論は旧理論という。しかしもうひとつの理論が20XX年にSOS団によって提唱される。それが『情報体で、これは地獄=情報統合思念体説の亜種であると言う理論である。

しかしながら、2005年1月に地獄少年と名乗る少年が、地獄から現実世界へ帰還を果たし、地獄少女である閻魔あいに戦いを挑んだという事例が確認されている。

また細木数子には、ここへどんな人間でもたたき落とす能力が備わっているといわれ、実際に多くの人間を落としているという報告がある。こうなるとノストラダムスのような預言者というより、超能力者である。

[編集] 開始

開始(ひらき・はじめ)とは、地獄に存在する物質ないしエネルギーが現実世界に流出して現実世界に悪影響を及ぼすことである。最近では、現世の地獄物質が分裂することが判明し、さらに謎を呼んでいる。変質は流出(もしくは能力解放)寸前まで行われるため、噴出したものが現実世界にどういう影響を及ぼすかは予測することが出来ない(予測不可能性)。情報体説では、開始は情報バグの一部と解釈される。

近代で流出が確認された例は学期型と言われるものである。1年に3回、現実世界でも変質を起こす特殊な地獄物質である。この変質をニュータイプという(他説も『これは変質である』と断定している)。3回のニュータイプのうち、1回目を1学期、2回目を2学期、3回目を3学期という。しかも、これは日本型というタイプで、国ごとにニュータイプ形態の数は異なる。

最近になって発見されたのが2006年末期に観測された『Idno-lit 』(イドノリット。『I do not learn it.』の略で『習ってない』という意味)が有名。日本の学期型開始がニュータイプ変態を起こす際に分裂し、変質して生まれた。4年以上もの間、日本に潜伏した事がわかっており、地獄物質の中でも最大級のステルス能力を持つ。そのステルス能力で身を隠しながら日本の教育現場の指導要領を改ざんして必修漏れを起こすという、これまた最大級レベルの攻撃性能を持つ、近年、稀に見る高性能開始物質。現在、これの収拾が追いつかず、文科省は対応を迫られている。

[編集] 何もかもを否定する存在?

しかし、この理論に異論を提示する者もいる。それがザジ・レイニーデイである。彼女は悪魔の量産技術を保有していると言われており、その悪魔の正体こそが地獄物質であるという。

[編集] 各理論から見た宗教的地獄観点

宗教などでは『地獄=現実世界での罪人が逝く場所』とされている。この理論は旧理論観点ではありえない内容と言われている。新理論では第三空間の莫大なるエネルギーによって消滅されるという理論が多数を占める。しかし情報体説観点からだと様相はかなり異なる。旧理論や新理論では、この項目はかなり短絡的な理論であるのに対して情報体説では他の理論より相当深い議論が行われている。まず情報体説では地獄物質(地獄情報)を3つに分類しており、

  1. 現実世界・並行世界から排出された情報残骸もしくは情報そのもの。
  2. 遺伝子情報
  3. 理化学的情報
  4. 検閲により削除
  5. 禁則事項です

として分けている。このうち、人にかかわる情報は 2 であり、情報体説では『人間が死亡した=人間の存在情報が地獄の空間に廃棄され、すでに廃棄されていた情報と結合し一体になる』ことだと考えられている。このことは、人間や世界の本当の正体を映すきっかけにすらなりえる理論である。

さらに、エルリック兄弟の1=2式不明理論も見逃せない要素となっている。

[編集] 創価学会における地獄

「法華経と池田先生を信じない者はことごとく地獄に落ちます!」
地獄 について、創価学会員
「聖書と文鮮明師を信じない者はことごとく地獄に落ちます!」
地獄 について、統一教会信者

[編集] 最速で天国へ行く方法

創価学会に入信しよう。たちどころに会館の中は地上極楽と化す。

[編集] 最速で地獄へ逝く方法

創価学会に入信しよう。瞬く間に会館の外は全て地獄と化す。

[編集] 1=2理論を使用した地獄エネルギー説

これは情報体説での理論である。通称レイド情報論理と言う。1=2=1=2……という脈動サイクルを使用した理論である。

地獄に入る前の情報1→地獄に入ると1の情報は増幅され2という形となる。この2は1の情報に1の情報をプラスしたものである。→そしてこの情報2はまた1=2理論となりまた情報1となる→そしてこの情報1はまた情報2となる。

こうなると1→2→1……と情報が繰り返し繰り返し変動し続けるため見かけ上ではあるがエネルギーが発生する。この反復エネルギーは情報が入れば入る程出力が上がる(ちょうどレシプロエンジンの気筒数が多くなるようなもの)。こうなると大きなエネルギーが発生し、地獄=エネルギーというエルリック兄弟の新理論とほぼ等価の状態が生成される。つまりこの脈動サイクルエネルギーが存在するのであればエルリック兄弟が遺した未完の地獄理論『1=2理論』の完全解明に加え、新理論と情報体説の2つの理論が全て証明されることになる。このレイド情報論理によってほぼ旧理論はないものとなることになる。そしてこのエネルギーは数値さえ変更すれば自由自在にエネルギー調整が可能である。このエネルギー調整で地獄を操作することも可能となることから地獄少女などの不可解な現象も説明できることになるかもしれない。

[編集] 関連項目

Uncyclomedia Commons.png
アンコモンズに、地獄に関するガラクタがあります。

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語