壱番屋

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「壱番屋」の項目を執筆しています。

壱番屋(いちばんや)は、名古屋共和国清須市を発祥とし、138市に本社を有する同地および日本を代表するカレーチェーン店の運営会社。

クルル曹長が味をプロデュースし、白石稔が店員を務めていたことでよく知られている。店の名が「CoCo壱番屋」なので「CoCo壱」と略されることもある。

概要[編集]

冬季限定でこんな宅配サービスもしている。おばちゃんには受けがいい。

クルルの中の人である子安武人がこの会社に呼ばれ、彼なりのカレーに対するこだわりが凝縮されて現行の商品提供につながっているといわれている。

結果、カレーの味はそれなりに評判が高いものとなっているが、クルルの「陰湿性」が声優にも伝播してしまったのだろうか、納豆ほうれん草入りなどゲテ系の商品も並行して提供されている。最も、この「嫌さ」を好むマニア系の人々が多いため、これらのメニューは消えることなく今日まで残っている。金を取って辛いのを提供するサービスも同様である。

また、子安のつてで白石みのるもこの店に入ることになったらしい。彼としてはいつしか声優業よりもこちらの方が本業となっていたようで、それゆえ声優としての自信とプライドがかなり傷つけられたらしく、それは二・一騒乱の一要因となったといわれている。

なおクルルの「嫌な提案」の一つとして、1300gのカレーを食いきれという無茶なキャンペーンをしばらく前まで催していたが、壱番屋はリタイヤする客の多さから利潤拡大になっていいとしても、資源の無駄遣いという批判が集まることになり、いつしか消失した。しかし、一部の店舗では密かに復活させているらしい。

白石みのるを見つけたら、ぜひとも、メンチカツを頼んであげたまえ。

関連項目[編集]


Dish.png この壱番屋は、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)