夏目漱石

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「夏目漱石」の項目を執筆しています。

でたらめ夏目漱石(なつめ そうせき ,1867年 - 1916年)とは猫でありながらも日本の近代を代表する文豪の一人である。

経歴[編集]

夏目漱石は猫である。

1867年に誕生。彼の幼少期についてはよくわかっていないが、正岡子規同性愛の関係にあったことは間違いないとされる。3歳頃に病を患ったようだが、病名は明らかでない。正岡子規との乱れた関係から察するに性病だろうと言われることが多いが、3歳で性病を罹患するのは不自然だとする指摘もある。そもそも正岡子規と出会ったのは東京でのことであるため間違いである可能性が高い。二松学舎などの漢文の私塾に学ぶが、飽きてすぐ辞める。その後帝大を経てイギリスに留学するが、突如引きこもってしまう。文部省から帰還命令を受けるが無視して引きこもり続ける。いわば元祖引きこもりである。おそらく留学中に出会ったフィッシュアンドチップスの驚異的な美味の虜となったため、イギリスを離れたがらなかったのであろう、ということで研究者の意見は一致している。

その後、帰国して朝日新聞に勤める。ここでデタラメの書き方を覚え、後の作家生活に生かした物と考えられる。門下生に芥川龍之介鈴木三重吉などがいるが、漱石は彼らとも体の関係を持っていた。藤村操自殺した動機は、漱石のこうした奔放な男性遍歴から来る痴情のもつれであったと言われる。小説「明暗」は冒頭から痔瘻の手術の話で始まるが、漱石自身も痔の持ち主であり、これは頻繁な肛門性愛が原因であったと考えられる。

1916年、長編小説「明暗」執筆中、息抜きのためにビールを飲みすぎて家の中をさまよい歩いていたところ、庭の中にあった甕に落ちて死亡。遺体は解剖され、生殖器東京大学に保管されているという都市伝説がある。

主な作品[編集]

  • 吾輩は猫である」 - どんなに文章を書いても猫というだけで評価されず、代わりに自分よりも明らかに劣る人間が出世する悲しみを描く。人間風刺小説。後に劇団四季が「CATS」としてミュージカル化。
  • 坊っちゃん」 - 乳母に対しての恋慕が書かれたマザコン小説。後の義母物に深い影響を与えた。
  • 草枕」 - 漱石の文明論を託した小説。
  • 虞美人草」 - ある日植物になってしまった女の話。後に韓国で「TOMAK」としてゲーム化。
  • こゝろ」 - 漱石の代表作品。現在でいうNEETにあたる主人公の昔語りが延々と続く。本文の半分が遺書という迷作。海外においては先生と私のアッー!な関係の本として読まれている。
  • さよなら絶望先生」 - 人生に絶望した教師の物語。のちに久米田アンディブライ以下略が漫画化し、現在は週刊少年マガジンに連載されている(「こころ」とはたぶん別物)。

夏目漱石は朝日新聞での経験を生かしてでたらめに小説を書いていた。その後何故かちゃんとした小説になって多大な評価を受けているのは、全て彼を敬愛する弟子や門下生の努力の賜物であると言われている。

逸話[編集]

  • 執筆活動に行き詰ると己の鼻毛を抜きたくり、原稿用紙に丁寧に並べて貼り付けていた。という逸話がある。

孫の夏目房之助氏により発掘された鼻毛は、松山の坊ちゃん博物館に展示してある。

  • 「I love you」 を 「月が綺麗ですね。」 と訳した。神がかった英語力が窺える。 

関連記事[編集]

Quqpacmanlogo3.png
夏目漱石が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/作家」へ収録されています。