夏至

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「夏至」の項目を執筆しています。

夏至(げし)とは、二十四節気の一つ、6月21日ごろのことである。

概要[編集]

堅い方のあそこでは、「北半球では一年中で一番が長くが短い日」とある。春分秋分は祝日であり、冬至は暦の基準であるため、夏至は二至二分のなかでも影の薄さが垣間見えることは否めない。なお、「最も昼が長い日」は終戦の日であるという見解が示されることもあるが、おそらく気のせいである。

一般的には「昼の時間が一番長い」「日の出が一番早い」「日が暮れるのが一番遅い」と理解されているが、日の出が最も早い日は夏至の1週間くらい前、つまり「栃木県民の日」と「千葉県民の日」のころであり、「日の入りが最も遅い日」は夏至の1週間くらい後、つまり「露天風呂の日」「6(ろ)・(てん)2(ぶ)6(ろ)」のころであるが、誤差の範囲といって差し支えない。

夏至には「昼が一番長い日」という意味のほかに、この日から次の節気の小暑までの期間という意味もある。日本では梅雨の時期と重なり、晴天に恵まれない日が多くなるため、日の長さも半減してしまい、夏至のありがたみは忘れられがちであるといえる。

慣習[編集]

地球温暖化対策として、少しでも電力の消費を抑えようと、夏至の日はできるだけ電気を消してゆったりと過ごすという「消灯ライトダウン運動」と、蝋燭の灯だけでまったりと過ごすという「燭火の夜キャンドルナイト)」が盛大に開催される。これは、電灯の普及によって大打撃を受けた蝋燭業界の懐を暖め、祝日のない6月に華を添えるという意義も兼ねている。

しかし、こういった年中行事には事故がつきものであり、慣れない暗闇のなかで、ものにぶつかったり、滑って転んだり、挙げ句の果てに蝋燭を倒してしまい、消防車のサイレンが鳴り響くなど、毎年大変な賑わいを見せている。

炎暑に襲われる前に冷蔵庫が壊れないよう点検して欲しいという家電業界の思惑によって、7月1日は「冷蔵庫の日」と定められている。これは、の間に貯めておいたを旧暦の6月1日氷室から取り出す「氷室の節句」の流れを汲むものであり、この日に氷を食べると疫病にかからないといわれている。このように大変由緒ある日であり、適当な語呂合わせによって選ばれた日とは違うといえる

風物詩[編集]

上半期が終わりを告げるころであり、半年間溜まった穢れを夏越の祓によって清めることで身を引き締め、本格的な夏の到来に備える必要があるとされている。年末と同様に大掃除をすることが推奨されているが、この時期には祝日が一切ないため、ただ慌ただしく時が過ぎていくだけという場合が多い。

地域によって異なることもあるが、この時期に山開きや海開きが行われることが多い。そのため、海や山での事故が徐々に増える傾向を見せ、死者達の季節はいよいよ本番を迎えつつある。

関連項目[編集]

二十四節気
夏至