外交

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

外交(がいこう)とは、国益のために、他国に対しておこなうツンデレ行為のことである。なお、高い手腕や知能が要求されるインテリの仕事であるかのようなイメージが定着しているが、実際にはさほど広漠な知識も臨機応変に対応できる柔軟性も求められていない。ネズミクジラ、果てには思考回路を備えているのかさえ疑わしい剃刀にまで外交官が務まったのが、何よりの証左である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「外交」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 概要

国家間の交渉は、最終的には「自国が何かしてあげるかわりに、相手国に何かしてもらう」という形をとる。相手に足下を見られないためには、自分の持っているものをできるだけ高く見せ、相手の持っているものなど大したことがないかのように振る舞うことが重要となる。ここで必要となる高度な駆け引きを外交術という。

外交をおこなう人を外交官と呼ぶ。外交員とは違うので注意する。

[編集] 実例

  • 「勘違いしないでよね、○○島なんか返されなくたって平気なんだから。」
  • ○○神社への参拝をやめろって何よ。キスしたくせに。」
  • 「べ、別に、好きであんたの国に寄ったんじゃないんだから。たまたま通り道だっただけなんだから。」
  • 「昔の約束を忘れたなんて、ぜーーーったいに許さないんだから。」
  • 「有り金はたいて国債買いなさーーーい」

[編集] ヤンデレ

ツンデレの度が過ぎると、単なる言葉の上での駆け引きにおさまらなくなることがある。これはヤンデレと呼ばれており、具体的には以下のようなものがある。

  • 相手国の国民に対する拉致・監禁・ミステリーツアーへの招待
  • 相手国に構ってもらいたいがための軍事演習や核実験
  • 相手と親しい国への嫌がらせ
  • 相手国に対する宣戦布告
  • 核をともなう自爆や心中

片想いが高じてヤンデレになるケースもあるため、日頃の爆弾処理を怠らないよう注意が必要である。

逆に、闇化をほのめかして相手に譲歩をせまる戦術もある。

[編集] 外交カード

外交では、必殺技を出すことができる。このとき利用するのが外交カードである。ただし、カードは一度使用すると効果を失ってしまう。


Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

[編集] 関連項目

この項目「外交」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語