夢精

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

夢精(むせい)とは、「夢見る妖精(ドリーミン・フェアリー)」の略である。

[編集] 概要

夢見る妖精(以下、夢精)は、太陽が出ている間は、イーン・ノゥ(ケルト語で「叩くと痛い場所」の意味)の内部のコーガン(ケルト語で「2つある物」の意味)に暮らしているとされる。夢精達は日が沈むと目を覚まし、細い道を通ってこの世に姿を現す。この瞬間、世の少年たちは、何とも言えない幸福感を味わうとされる。

[編集] 夢精の姿

妖精研究家達の論文によれば、夢精は、可愛らしい羽の生えた、裸の幼女女子高生の姿をしているそうである。妖精が来た瞬間大概の人は驚きをもって気付くことができるも、我々が実際に目にする事が出来るのは、パンツにこびり付いた白濁液状の彼女達の死体だけである。そのため、少年達は激しい絶望感と罪悪感に襲われ、誰にも気づかれぬように彼女達を洗面所で弔うのである。

ちなみに一部の人達はその死体から烏賊の臭いがするという証言があり、夢精は烏賊を主食としているのではと一部研究家から指摘されているものの実態を見たものがおらず、憶測の域を出ていない。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「夢精」の項目を執筆しています。
この項目「夢精」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語