大分県

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「テレビ局をもう1つ作れ! 織田信長和泉元彌がトリプルブッキングしてるじゃねぇか?」
大分県 について、足利義昭
「大分県をもっと知るなら勉強しろよお前ら」
大分県 について、福沢諭吉
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大分県」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「大分県」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「大分県」の項目を執筆しています。

大分県(おおいたけん)は、九州の一地域であり、北九州とともに日本国の影響下にあるである。

実を言うと、現在の正式な都道府県名は「おんせん県」である。

概要[編集]

有史以来、九州山脈によって周囲を隔絶されてきたためか、九州他県との交流がなく、むしろ方言は瀬戸内海(及び速吸瀬戸)的で広島弁に近い。また、自己陶酔の激しい隣県鹿から粛清されましたと煽られている。近年、スカッドミサイルを改良したジョイフルが他県を爆撃中。

各市町村にそれぞれ特産品を100個挙げてみろなどという「一村百品」運動を開発したため、当時の市町村長は頭をかかえてノイローゼになってしまった、けん。しかしながら、表の世界の支配者の御手洗富士夫も裏の世界の支配者の司忍も大分出身であり、さらには日本最大の居酒屋チェーンの支配者の大神輝博やネット社会の(初代)支配者村上憲郎も大分出身であることから、実質現在の日本は大分県に支配されているといっても過言ではない。しかし名前がオーブンなので常に灼熱地獄である。

学問のすゝめなどで有名な福沢諭吉は、実際は大阪の中津藩蔵屋敷で生まれているが、福沢家は大分県(旧豊前の一部)が本拠地であるため、諭吉の生まれが「大分県」と間違われている。

地理[編集]

極めて脆弱な地盤にある。各所から熱湯が湧出し、しばしば沈没の危機に瀕したが、古くからその熱湯を温泉と名付け、多くの効能を謳い、観光客に浴びさせ、金をせしめることで、これを地域の貴重な財源としている。また、あまりにも脆弱な地盤であるため、県の北部では耶馬渓(ヤヴァケイ)という、しわがたくさんある。何を勘違いしたのかこれを観光地として県の知名度アップのために利用しているが、美容整形が必要だとしか思えない。

なお、大分を真っ二つにすると『大分裂』、大分をバラバラにすると『大分解』になってしまう。また福岡県に『筑前大分』と書き『ちくぜんだいぶ』と読む地名があり、旅行者が『ちくぜんおおいた』と読み間違えて来てしまい、崖から落ちて自殺する『チクゼンダイバー』が急増し、YAHOO!検索ワード1位に上昇した(2位は、ねづっち『整いました』)。

「すべって転んで大分県(おお痛けん)」という寒いギャグを某芸人がバラエティー番組内で使ったために、その日から一ヶ月の間、全国で連日、最低気温をマークするという惨事があった。その効果はエターナルフォースブリザードに匹敵する程に危険なため、現在では放送禁止用語となっている。 (又過去に「大痛県」というアニメ要素がある企画があったが・・)


行政[編集]

他の大学のサーバーを繋ぎすぎて、ほとんど影の無い大分の大学。

以下の自治体がある。

  • 大分市
    • 大分県の本拠地。大友宗麟の本拠地と竹中半兵衛の子孫が作った城で有名。

大分駅は滅茶苦茶デカく、回るのに一日だけじゃ足りない。

  • 別府市
    • 常にホットなお湯話題であふれ返っている。この世の地獄でもある。近年、不法転生した亡者どもが別府地獄組合を結成してぬけぬけと特権を要求しており、生者との軋轢を生んでいる。あの油屋熊八の亀の井ホテルや重光葵の別荘で有名な市。
  • 由布市
    • あるいは由布院湯布院。別荘を作りやすい。亀の井別荘が有名多くの名称は事態を複雑にし、しばしば観光客を混乱の渦に陥れる。文化財が少ないのが欠点だが、その後増えるだろう。
  • 日田市

夏の気温が常時40度を越える温泉並に暑い市。小鹿田焼や草野家・学問のどっかで有名。

あの腹黒田官兵衛や勝嫌い福沢諭吉の本拠地。ここでは唐揚げが有名。

アメリカンと仲がいい市である。昭和の大物の双葉山(69連勝で有名)の生家がある。相撲ファンはたまらぬ街である。 宇佐神宮では隼人を退治した痕跡が残る。中津市と同様唐揚げが有名。

なぜかいやらしい町、しかしここは石橋が日本一多い町である。中では石橋LOVEの人居ており石橋を作るなら私財を投じて作るほど有名な逸話も残る。

サンドイッチの町。鬼の石段や熊野神社や杵築城で有名。

神仏競合が色濃く残る半島。(艦これで有名な)速吸瀬戸と近い。

歴史[編集]

概ね田んぼと交易と鶏肉である。山によって隔絶されているため、瀬戸内海沿いを除けば内部で世界が完結している。逆に言えば山と海の世界がハイブリットしてる妙なとこ。戦国大名では大友宗麟キリシタン大名の一人として逆にキリスト教以外を弾圧したことで有名だったが、近年名前が別方面で広まっている。(現在、執筆中)

交通[編集]

大分を走る鉄道路線は大分駅を通る3本の本線(そのうち2本は支線を持たない名前だけの本線)と、1本の支線の端っこのところだけである。

道路事情に関しては近年のゆとり教育に対抗し「ゆとり廃止運転」が奨励されている。

  • 進路変更
    • 方向指示器を出す場合は進路変更中に1秒程度出す、出さなくても可。
  • 車間距離
    • バックミラーで後続車を眺めた時に、ヘッドライトが見えない程度の距離が望ましい。

このような運転の甲斐があり、大分県の前方不注意の違反割合は全国平均の約8割増しという成果を挙げた。

大分県の端っこには大分空港がある。しかしながら、尻の穴潰れそうなアレもその存在を無視しているので、あまり飛行機が来ない。 たまに、一本しかない滑走路から飛行機が離陸したかと思ったら旋回して戻ってくる。離着陸の練習に使われてるだけだった。

  • 国道10号線や国道210号線は混雑しやすいため、信号機を次のように定義している。

いわゆるふて腐れの典型にあたる。屁理屈を使えば好きなだけ止まれる

スポーツ[編集]

大分三好ヴァイセアドラー
三好内科循環器科の院長先生が余興で結成したバレーボールチーム。代表チームのリベロ養成工場であるとの噂もある。お医者さんが暇なときにやるだけの趣味的チームだったが、日本バレーボールのレベルが低かったのか2006年にVチャレンジリーグ2部優勝。入れ替え戦では旭化成相手にボロ負けするが、試合後に相手が謎の廃部をおこして無事Vプレミアリーグ1部昇格を果たす。昇格の際「毎日練習するように」と協会から釘をさされた。2006/07年シーズンは2勝26敗、勝率0割7分1厘と楽天が裸足で逃げ出す数値をたたき出すが、FC東京との入れ替え戦では圧倒的強さを見せて残留。その後FC東京に負けて降格が決定するもNECの廃部で再昇格、さらに下部リーグ時代に1度も勝ったことがないジェイテクト・スティングスとの入替戦では大震災で不戦勝という強運を発揮。しかしながら2013年のジェイテクト・スティングスとの入替戦ではストレート勝ち→それ以上のストレート負けという前代未聞の結果で降格が決定。しかもチームの主力選手がスティングスに移籍するというオマケ付きで。お疲れさまでした。
大分トリニータ
Jリーグ1部所属のサッカーチーム。監督がムスカ(ご懐妊)→ポポ(ドラゴンボールの登場人物及び柏レイソルのブラジル人とは無関係)ビッチというJリーグの地獄である。阪神タイガースの鳥谷内野手とは無関係。
globeのk-co(旧:keiko)が大分県出身ともあり、ダンナ小室哲哉がサポーターやチームに曲を提供している。しかし未払い金7000万円を踏み倒しチームは存続困難の状態になっている。またk-coもクモ膜下出血で存続困難、チームのフロントは小室へ催促を諦めた。
大分ヒートデビルズ
別府地獄組合所属のバスケットチーム。物凄く厨ニ病な名前の通り、メンバーは地獄から不法入国した鬼どもで構成されている。しかし地上に出るとお肌が日焼けするという軟弱な理由で滅多に出てこず、希少種となっている。まれにVEPに出没するが、捕獲することは不可能に近い。

ゲーム[編集]

大分県は、特に歴史を題材にしているゲームで優遇してもらう事がある。

  • 戦国無双
    • 『2』の九州。こちらは大分市戸次川(現:大野川)らしいが、間欠泉や竜巻などが吹き上がる。実際の場所は自然でのどかだ。
    • 『3』の石垣原。こちらは別府市石垣。なんと、石兵八陣が開閉して道を塞ぐ。のちにラクテンチにアトラクションとして参考になった。
  • 戦国BASARA3
    • 戸次川 - ザビーの色に染まりし大友宗麟ステージ。当の本人は史実通りにあんな性格。
    • 石垣原 - 黒田官兵衛ステージ。官兵衛が豊臣秀吉の勘気に触れて、この穴倉の奥にブチ込まれた。なぜじゃ~っ?
  • 源平討魔伝
  • スーパーマリオUSA
    • 名前の通り、宇佐市が舞台。

軍艦(艦これ)[編集]

  • 巡洋艦三隈
    • 三隈川から取った巡洋艦。最上と同様の軍艦である。「くまりんこ!」で有名。
  • 補給艦速吸
    • 速吸瀬戸から取った補給艦(意味深)。ヤンデレ要素があるかも・・・・

名産品[編集]

二階堂大河という有名な麦焼酎の発祥の地でもある。開発者は五十嵐豪である。 それ以外にも「南米菓子ざびえる」や「団子汁(麺の方」や「中津・宇佐唐揚げ」が有名。

テレビ局[編集]

  • 大分県で民放テレビ局はOBS大分放送(ラジオもあり)、TOSテレビ大分、OAB大分朝日放送の3つ。
  • 故に馬鹿にされるが、ケーブルテレビ経由で福岡からの区域外再送信の恩恵に浴しているためTVQも見られ、実は愛媛や広島を馬鹿にすることができる立場。
  • 愛媛の民放が欠乏していた時代、南予民はOBSからTBS系成分を摂取していた(一時期OABから朝日成分も採っていた)。故に愛媛県南予の30代以上の者は八鹿酒造の天気予報のテーマを歌える場合が多いの…で し た っ 。
  • 特にTOSは、ドラマで有名な月9の時間に日本テレビを放送するために、月曜日の午後5時(月5)や深夜24:30(月24)に放送するなど、メチャクチャな時間帯に放送している。しかし、まだ月24は同じ日の3時間後に放送するだけ良くなった。
  • 当然ながら、『笑点』を重視していない。1週間近く遅れようとも、特番が入ってさらに遅れようとも、知る事じゃない。空いてる時間はゴマンとありながら、全てテレビショッピングで埋める。これによって笑点も大分で公開収録を行わなくなった(クロスネット秋田放送にも勝てない)。
  • 月9のように遅れて放送する姿勢は変わらない。ケーブルテレビを通じて、同じ週あるいは時期に2度も見れるため、大分県民は放送回数に関わらず、遅れる放送を『再放送』と言うケースがあとを絶たない。
  • これらにより、同じ時間帯に同じタレントが同時に映る『ダブルブッキング状態』まで出てくる。よくあるタレントは和泉元彌
  • かつて「やらせ」で有名な『投稿!トク報王国』で「加藤茶の声に似ている気象予報士」と「線路を走る自動車」を投稿し、出来レースをブチ壊し特賞を獲得した。大分県民は全く鈍感で番組自体をガチで「やらせ」と気づかず、TOSテレビで放送していながら特に加藤茶の方はOBSラジオをまたぐまで全国に紹介すると言うカオスを犯している。番組でナレーションを担当している若本規夫「ぶるあぁぁぁぁぁっ!!」と共にクビになった。
  • AKB48指原莉乃が司会をする『さしこのくせに』は、「金集め」と批判され、首都圏とOBSテレビでしか放送されていない。
  • 本来ならばTOSは月曜日は日本テレビやフジテレビで行うものを、2002年ワールドカップでビッグアイ(現・大分銀行ドーム)で試合をする中継のキーステーションを、よりによってテレビ東京が行った。日本テレビとフジテレビは何をしていたのだろうか?
  • 大抵、「一部の地域を除いて」の一部に入っている。嘉門達夫にバカにされた。
  • 番組改編で大きく変わる一時期、OBSの木曜日19時台に『ワンピース』と『イナズマイレブン』を放送していた。視聴率は『NHKニュース』に振るわず、両方とも撤退した。愛媛の南海放送や広島のRCCでも実現できていない、地方局自家製のヲタク向け番組ヲたラジを放送しているOBSだが、プロデューサーを超えるオタがでてここないという謎の番組である。

大分県出身で著名で有名な芸能人[編集]

選外[編集]

教育[編集]

大分県の教育事情は壊滅的であると言っても良い。厨房がいじめ自殺や授業妨害を起こした隣県に対して、大分では教員による賄賂のやりとりが盛んである。大分県教育委員会は教員採用試験で受験者の点数を改ざんするなど中東の笛並の不正を露呈した。この結果、県教育委員会はエクストリーム・謝罪への出場を表明とともに、県民から大ブーイングを受けた。が、これは単に「地獄の沙汰も金次第、世の中は金が全て」という拝主義思想教育を何より優先し、教師自ら実践して見せた結果に過ぎない。 いわゆる生きる力を身につける教育である。故に、今は大っぴらに賄賂のやり取りがされるようになり、千五百万円で教頭の立場、数億円積めば大学新卒の人でも校長に、十億も積めばいきなりどっかの市町村の教育長になれると言われている。 また、最近はIT教育にも力を注ぐようになり、特にニコ生での実況を行い、通信と放送の垣根を越える試みを各校内でも奨励している。中には「校則で通信機器持ち込み禁止なのにトイレ実況、そこへ教師殴り込み」という教師連を巻き込むプロ演出家顔負けの演出設定を行う女子生徒もおり、大分県の将来はまことに楽しみとなっている。
もちろん、伝統的な部活動も頼もしい。竹田高校剣道部では剣道の神に対する生贄を捧げるという、他県のへなちょこ野郎には絶対に真似が出来ない儀式をやってのけ、竹田高校の勝利に対する熱い熱意を表現した(なお、今後も一年につき一名を生贄として捧げる予定)。
勝利への執着心が解らない刑法上ではこのような儀式は裁かれる対象かも知れないが、国家賠償法を使わせたほどの悪名を立てたときちゃあ、なあに、かえって箔が付くというものよ。

大分県とゆかりが深い方々から、コメントを頂きました。[編集]

「えっ、俺って大分県出身だった? 知っちょりもせんじゃった!!」
大分県 について、立花道雪
「俺がとっととサルタヌキを倒していれば、中津市が日本の首都になっていた。ってかそんな事より戦争したい(笑う」
大分県 について、黒田官兵衛
「俺が鶴崎の海を使って出兵している事実を、みんな知らないみたいだ・・・。」
大分県 について、加藤清正
タヌキから杵築6万石を頂いちゃいました。おかげでガラシャが殺られちゃいました。」
大分県 について、細川忠興
「あー天下がとりてぇなぁ・・・・神様でも祈っておこ~~~」
大分県 について、大友宗麟
「山は富士海は瀬戸内湯は別府。忘れぬなよ!!」
大分県 について、油屋熊八

関連項目[編集]