天文学

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

天文学(てんもんがく、Astronomy)悠久の過去から現在までの様々な人種のエロい人達がふと、夜空を見上げるとそこには満天の星空が…。これは、夢想家で暇人で生活サイクルが夜型人間の、ちいさな奇跡がたくさん集まってできた、素敵な素敵な学問なんです。皆さんも、この素敵な奇跡に逢いにきませんか?

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「天文学」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 天文学史

詳細は天文学史を参照

[編集] 古代天文学

古代バビロニアの人達は、ずっ~と星を眺めていたんです。「今、私が見ている星をバビロニアの人も見ていたんですね。長い長い時間を経ても変わらないものがあるって素敵ですね。」「…恥ずかしい台詞禁止!」

[編集] 中世天文学

中世ヨーロッパでの望遠鏡の開発で、とても遠くにある星も詳しく観察できるようになったんです。「瞬く幾千の星空がお話し出来るくらい近くにいるなんて、まるで宇宙を旅しているみたいです。」「…恥ずかしい台詞禁止!」

[編集] 近代天文学

天文学にたくさんの物理学者が加わったんです、宇宙の構造を方程式で表せるようになりました。「私たちの住む世界がもし無限に広がっているなら、この綺麗な星空のカーテンも永遠に続いているんだね。」「…恥ずかしい台詞禁止!」

[編集] 現代天文学

世界中で、とても大きい望遠鏡がたくさん作られました。そしてもっと、たくさんの望遠鏡が宇宙に打ち上げられました。「みんなで空を眺めている、私たちは今までも、そしてこれからもずっと空を眺め続けるんだね。」「…恥ずかしい台詞禁止!」

[編集] 将来天文学

たくさんの宇宙が、いろんな次元にあることが分かりました。もうすぐその宇宙を自由に行き来できるでしょう。「宇宙の数だけ星空もあるんだよっ、藍華ちゃんっ。」「…恥ずかしい台詞禁止!」

[編集] 結論

正直言って、天文学って、頭の痛くなるような数字や数式をブツブツつぶやいて人々の神秘的な宇宙に対する憧れを削ぐ無粋な学問なんですよね。でも、こういう事実を言っちゃうと、子供達が天文学に関心を無くして、未来の天文学者が減ってしまうんですよ。だから、嘘言っても、夢を見させないといけないんです。

救いようがない現実を言うの禁止って、藍華ちゃんもよく言ってます。

[編集] 関連項目

Uncyclomedia Commons.png
アンコモンズに、天文学に関するガラクタがあります。

みんな、あふれる思いを受けて生まれた素敵な記事ばかりです、ぜひ読んでみてくださいね。


天文学は執筆者が光速に近い速さで書いたため、ローレンツ収縮により短くなっています。もっとゆっくり書いてくださる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語