天王星

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
天王星。

天王星(てんのうせい)とは、木星の先にあって海王星の手前になる頭の狂った惑星である。英訳はUranusだが、他の惑星と比べて認知度は異常に低い。天皇陛下の別荘があることからこの名前がつけられた。

目次

[編集] 概要

地球よりはでかいらしいが、太陽には遠く及ばない。地球の失敗作である太陽は火災で失敗したが天王星は液体窒素が流出して凍ってしまった。あまりにも太陽から遠すぎるので発狂し、他の惑星とはかなりおかしい方向に自転しており、明らかに浮いている。一説にはこの世を終わらせる方法が実際に実行されたとの意見もある。天王星はなんとか生き延びたが、精神異常をきたしてしまったようだ。

惑星の中ではかなり影が薄く、海王星と良い勝負である。それに海王星は冥王星と絡めて聞くこともあるので、おそらく最も影が薄い惑星だろう。

ただ天王星自身は比較的沢山の子分を連れており、現在27個である。それでも木星には遠く及ばず、何のアピールにもなっていない。何も無いよりはマシかもしれないが、ちょっと数が微妙すぎる。どうせなら156個あった方がよい。

最大の特徴として、ときおり暴走して最大時速7900㎞の風が吹き荒れるらしい。

又、色は先述の発狂のおかげで明らかに変な色になっており、非常に気持ち悪い。口は非常に大きい、円形脱毛症を発症している、横になっている等何にもいいところはない。典型的なブサメン

かつては彗星であり、紆余曲折を経て惑星に変身した。昔は環が土星よりもあったようだが、制御しきれずに分散し、今のようなショボイものとなっている。ちなみに大阪の天王寺に飛び地がある。

土星などと同様に、細胞分裂する性質がある(生物学的な土星参照)。画像は英語版参照。

[編集] 性質

公転周期
地球の約84倍。
質量
86860000000000000000000000000kg。重い
大気組成
水素83%、ヘリウム15%、その他もろもろ。一度火がつくと太陽と同じ状況になるものと思われる。
気温
南極と同じかそれより下。
移住性
禁則事項です

[編集] 地面

実は大気ガスだと間違われがちだが、実は地面がある。 しかし余りにも山脈が続いているため、平野は少ない。 ちなみに天皇陛下の別荘の周りは平野である。

[編集] 天皇陛下の別荘の場所

天王星3.jpg

[編集] 地球との関係

天王星の気温は非常に低いので、天王星の氷を地球の北極・南極に移植する計画が進んでいる。天王星は氷はどこでも採れるので、地球温暖化をなんとか止めるために急ピッチで計画が進んでいる。だが問題も多々ある。例えば天王星の氷は地球に順応できるのか。重力が違うので爆発したりしないかなどの危険性が指摘されている。一説によると中華人民共和国において安全対策に関する調査報告が纏められているところで、実用化に向けて激しい議論と鉄道や家電を用いた検証が行なわれているとのこと。また輸送するためにロケットが必要で、ビジネスとして成立するかが問題となっている。更にロケットの噴射が原因で天王星が大火災になることも心配されている。これに対してNASAは「着陸時には空気砲を使う」としている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「天王星」の項目を執筆しています。
この星「天王星」はまだできかけです。もっと宇宙の塵や小惑星を集めて立派な惑星にしてあげてください。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語