奇祭

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「奇祭」を執筆していますが、一行記事なので見る価値はありません。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「奇祭」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「奇祭」の記事を執筆しています。
ofjet d' art
ART!

この記事はあえて言うなら芸術です!

奇祭(きさい)とは、常識を越えた先にあるである。

概要[編集]

日本において祭と言えば、縁日の延長線にあり祭り大輪や神輿が練り歩く祭典である。しかしそういった「祭のテンプレート」は戦後になってから出来たもので、盆踊りや矢倉太鼓などは本来伝承されていない地域にも輸出され地元文化として扱われているが本質的には異文化でしかない。地域文化が均一化されていく中で、それでも独自性を維持している祝祭は「奇祭」と呼ばれ好奇の目で見られる事となったがその分希少性を認められ価値あるものとされている[要出典]。また世界的には、キリスト教文化圏やイスラム教文化圏など大きな宗教的文化から外れた祭を奇祭と呼ぶことが多い。ここでは日本の奇祭を記す。

奇祭の傾向[編集]

神々しいにも程がある神輿。

奇祭には大きく分けて、二つの傾向がある。「危険な祭」と「性的な祭」である[1]。危険な祭として有名なのが秋田県の統人行事だろう。意識を失うまで泥酔させた男を牛の背中に乗せたまま町を練り歩かせるという意味の分からない祭で、「トランス状態」という単語を明確に勘違いした奇祭である。

また酒を飲まされて狂ったように暴れる馬を追い掛けて、大酒かっくらった屈強な男たちが狂ったように暴れまわる熊本の奇祭「ボシタ祭」もまた有名。御神木を斬り倒して引きずり回す御柱祭や死人上等の岸和田だんじり祭など、人命など些細なことだとばかりに荒れ狂う祭がやたらと多い。そもそも祭とは日常を離れて自己を解放する場所であり、そこでの死は天への供物となることなのかもしれない[要出典]

性的な祭はこういう形で語り継がれる。

性的な祭としては、男根崇拝の権化とも言える神奈川県の「かなまら祭」が日本一有名だろう。「でっかいまーら、かなまら!!」「でっかいまーら、かなまら!!」の掛け声とともにピンク色のユニークな神輿を担いだエリザベス会館の女装衆が町を練り歩く、という日本の性的な奔放さを象徴するような奇祭である。

なお新潟県長岡市栃尾地区には、巨大道祖神に新嫁を跨がらせて町を練り歩く「ほだれ祭」なる羞恥プレイもとい似たような祭も存在する。この近辺には雪の断崖に婿を叩き落とす「婿投げ」という習慣もあり、地域をあげてリア充を憎んでいることがわかる[2]。また愛知県には母性を司る神輿を担いで町を練り歩く「豊年祭」が存在している。性的な祭の多くはその先にある子宝や繁栄を願うもので、子作りの大切さを訴える物としてかたりつぐべきものなのかも知れない[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 危険な祭を「危祭」と呼び、そこから転じて「奇祭」の表記になったとされている。性的な祭は出すものが出すものだったので「チン祭」、漢字を当てて「珍祭」と呼ぶこともある。
  2. ^ 雪国の排他性によるものだとも考えられるが、詳細は不明である。

関連項目[編集]