奨学金

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

奨学金(しょうがくきん)とは、学生向けの教育ローンである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「奨学金」の項目を執筆しています。

概要[編集]

本来教育ローンは銀行が行うものであり、銀行の教育ローンを利用する場合、支払能力のない学生本人が借金することはできず、親などが代わりにローンを組む必要があった。そのため就学の意思の有無にかかわらず、家庭の生活環境により大学短大への進学をあきらめざるを得ない人間が増加した。

この事態を重く見た国は重い腰を上げ、学生本人が借金をするためのローンができた。それが奨学金である。この奨学金という名の教育ローンは、独立行政法人である日本学生支援機構が運営している。

この制度について教育ローンを商品にしている銀行からは、民業圧迫だという非難の抗議がたびたびなされている。

制度[編集]

このローンの原資は税金から支出され、そこから学生に奨学金が渡される。そして学生が卒業した後にローンの返済を始める。その際は保証人をつける必要があり、いない場合には数十万のお金を払うことで許しを乞わなければならない。

奨学金には無利子コースと3パーセントコースの二種類が存在し、ある一定の条件を満たすと無利子コースが選択できる。ただし、成績や収入面でのハードルは高く、無利子コースを選択できる人間はあまりいない。

給付型[編集]

日本学生支援機構はこの言葉を登録商標にしなかったので、現在ではあしなが育英会をはじめ様々な機関がこの奨学金という名前で事業を展開している。そして、ほとんどの機関が学生支援を名目に成績優秀な学生や貧乏学生に返還義務なしの奨学金を支給している。

日本学生支援機構はそれらの機関に対して、学生への施しを奨学金という名前で行っているせいで、奨学金を返さなくてもいいと思う学生が増えて困っているから使用をやめてほしいという声明を出している。それに対し、あしなが奨学金などからは、「本来奨学金は見返りなしで支給するものであり教育ローンの名前にするのはおかしい。それにわたしたちは昔から奨学金という名前で学生を支援しているのに教育ローンの名前にするのはイメージの低下につながるので即刻改名してほしい」という怒涛の抗議が上がっている。

末期症状[編集]

成績優秀で博士課程まで順調に進んだ方々が、真っ青になるのは奨学金と言う名の教育ローンの借金残高を見た時である。住宅ローンなら家が買えてしまうほどの金額であり、金利は住宅ローンより高いという、悪夢の借金地獄である。そして、日本の場合、博士課程を修了しても満足な就職先が見つかることは少なく、多くの博士様が樹海に旅立つ原因を日本学生支援機構が作り上げている。

関連項目[編集]