女の子主義

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

女の子主義(おんなのこしゅぎ)とは、フェミニズムとも呼ばれ、一般に「女性を大切にする思想」と定義されているが、実際には女の子であることに劣等感を持つ女の子が、男の人を大事にする事で男の子らしくあろうとする男の子と対立し、普通に女の子らしくあろうとする女の子に対し、中性的な振る舞いを強要する思想であると同時に、全ての男の財産や権力・人権を奪取し尽くした上で恒久的に家畜化して強制労働させ、自分達は富と権力を独占して怠慢かつ贅沢にやりたいことだけやって暮らそうという、ヒトラー総統や同志スターリンですら恐怖し、歴史上の全ての暴君が義憤するほどの凄まじい超恐怖主義にして超封建主義かつ超全体主義的な危険思想である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「女尊男卑」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 概要

女の子主義とは簡単に説明すると、男の子が女の子に束縛されても、女の子は全ての場合において男の子から一切束縛されないようにしようという思想である。この主義に基づいた場合、例えば恋愛や結婚をする場合、男の子はまず女の子から直接許可を得なければならず、結婚の最終決定はこれに相互の母親と姉妹・義姉妹が加わる、というように男の子は私的にも公的にも全て女の子の意向に束縛される。

こういった思想を唱える国は当然経済政治社会軍事が安定せず、長く存在することは出来ないのが普通である。

ちなみに日本の場合、こういった事を唱える方は「男尊女卑」とか「男女平等」といった大義名分のもと男性を「粗大ゴミ」「ウィルス」とバッシングしている場合が多い。 しかし冷静に考えると女<男(男尊女卑の法則)と男=ウィルスという主張のため、女<男=ウィルスとなる。要するに女<ウィルスという方式が成り立つ。 自分達をゴミ以下ウィルス以下と見るとは誠に謙虚である。この謙虚さは賞賛すべきであろう。

また、女の子主義者たちは男女平等と言っているため男性差別反対論者と同じ人たちだと思われるだろうが 実際に女の子主義者たちはものすごくそれらのものに攻撃的である。男のくせに情けないなどの罵倒にはじまり 挙句の果てには男性差別反対派はネトウヨと完全に定義や語義矛盾(人権擁護してるのは主に左翼のはずであるのだが・・)ととれる言葉を利用してくる。 とても男女平等という言葉を利用している人間とは思えない行動ではあるが、女の子主義はすべてのことは女の子のためにあるというご都合主義であるため全く矛盾していない行為なのである。 というか、女の子主義的に考えて当たり前でしょ(プンプン)。

[編集] 女の子主義の世界的傾向

 世界的には女の子主義は欧米諸国や北米などで認められている傾向がある。それらの国では無理やり女の子の数を男と同数にしたり、社会進出のために様々な福祉政策などの制度を整えているのである。しかし、日本の女の子主義とは違い女の子に厳しい義務を認めることや国から専業主婦は怠け者と言われたり、女の子だけのサービスや専用施設に取りやめの勧告や違憲判決などがでたりするなど、どうも日本の女の子主義とは違い不完全な女の子主義が作られてしまっている。  それ故、日本の女の子主義に嫉妬した他国の女の子主義者たちが「日本の男女平等は遅れている」という批判を浴びせている。実際に男女平等指数で日本は下位にいるのはこのためであるとの指摘もあるが、日本の女の子主義者たちはわざわざ男女平等指数のランクを下げるように抗議するという謎の行為を行っている。これは日本の女の子主義をさらに強化しようとする意図があり、皮肉にも他国の女の子主義者たちの嫉妬心を逆手に取られた展開に持ち込まれてしまったのであった。

なお、イスラム諸国などでは女の子主義は基本的に否定されているが、説明はめんどいので割愛。

[編集] ダブルスタンダード

女の子主義によれば女性と男性で適用される常識や義務は異なるようである。以下に例を挙げる。

  • 「残業やきつい作業は男の仕事でしょ!」 ― 「給与は男女同じにすべき!」
  • 「少年漫画の性表現は教育上よくない! 規制すべき!」 ― 「少女漫画の過激なエロって最高だわ! もっとやれ!」
  • 「男向けエロゲームの性表現は道徳上よくない! 規制すべき!」 ― 「女性向けエロゲームの過激なエロって最高だわ! どんどんやれ!」
  • 「男ばかり雇用して女性を雇わないのは差別よ!」 ― 「女を働かせる男って甲斐性ないよね!」
  • 「男が犯罪を犯すのは男はゴミ以下の生物だからよ!」 ― 「女性が犯罪を犯すのは男が女性を大事にしなかったからよ!」
  • 「男の浮気やレイプや風俗なんて最低!」 ― 「女性の性行動を抑制するのはよくない! 完全開放すべき!」
  • 「男だけしかないサービスは廃止すべき」 ― 「女性だけにある優遇サービスは経済活性化にいいのよ」
  • 「男のくせに~~~だなんて最低」 ― 「女の子だからこうあるべきっていうのは差別なのよ」

[編集] 歴史

この思想は1950年代にあらゆる国で民主主義が広まったことにより始まったと考えられる。著名な物では学校の教科書にも載っているが、全国水平社なる団体が誕生したのを皮切りに次々と女性を優遇する法律が制定され始めた。マスコミやテレビニュースなどありとあらゆる媒体に根を伸ばし主義主張を広めた結果、2010年現在ほぼすでに法的権利において男性のそれをはるかに上回る優位権を獲得するまでに至った。しかし、マスメディアに於いて一定の発言席を確保した原理主義者は、厚い化粧のしたに遙かに男性化した面を隠し、自浄努力のできない女性のこころの拠所として活躍しておるのだよ。

 この歴史の過程の中で、様々な女の子主義者たちが登場、活躍したのであるがその中でも上野千鶴子、田嶋陽子、土井たか子、堂本暁子と北原みのりを加えた女の子主義四天王が誕生し、女の子主義を広めた中心的人物であるとされている。なお、四天王なのに5人いるというのはいつものお約束である。ついでのこの人たちの主な主張は検閲により削除である。

 また、近年の研究では女の子主義は日本では江戸時代にはすでにあったのではないかという有力説が指摘されており、そのような記録はペリーの日記にも残っている。日記には「こんなに女性が大事にされているのは日本だけ」というような記述があり、当時の時代で他国にはないようなことに驚いていたという。(なお似たようなフレーズが90年代に使われたようだがパクリ疑惑が浮上している。)また、昭和時代には火事の際、女性が顔を見られるのが恥ずかしくて建物からでてこれなかったという事件があった後に、顔を見られても大丈夫なように顔にはくパンツが開発されたとも言われているが、真相は定かではないw(一応言っておくがいつぞやかにパンツをかぶった仮面が出てくる漫画とは無関係であるとする説が有力である。)

 ただ、前述した部分もあるが近年、マスキュリズムなどといった勢力が女の子主義と対立する場面がしばしば起こり始めており、女の子主義者たちは自己の権益を守るためにダブスタだろうがなんだろうがなりふり構わない攻撃をしているため、まるで某半島人のようであるとの冗談が一部では指摘されている。そのせいで女の子主義者は某半島人のことを好きでいるに違いないとの勘違いが起こっているが、別にそんな事実もなく、いつものファンタジーのようである。

[編集] 関連

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「フェミニズム」の項目を執筆しています。

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語