女子アナ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「女子アナ」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「女子アナ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「女子アナ」の記事を執筆しています。

女子アナ(じょし-)とは、ワイドショーニュース番組に登場する女性マスコットキャラクター[1]の総称。

概要[編集]

女子アナは「女性アナウンサー」の略称だと勘違いされがちだが、そもそもアナウンサーという職務は現場ジャーナリストが入手した情報を元にして番組側が作成した原稿を読み上げる「アナウンス(=発表)する人」という意味であり、謂わば「読む機械」なので性別による区分けは行われていない[要出典]。女子アナはあくまでマスコットキャラクターなので、滑舌や社会情勢の知識よりも「若さ」「可愛さ」が求められる。基本的には、報道畑を志望するもののアナウンサーとしての適正に欠ける新入女子社員がこの立場に就くが、まれに最初から女子アナを志願する変わり者もいる[要出典]

日本で女子アナが各番組に置かれるようになったのは、戦後のテレビ普及による部分が大きい。ラジオと異なりビジュアルでの訴求力を持つ新しいメディアの台頭は、「視聴者の耳目を引き付ける客寄せ」が求められる時代の始まりだったのである。固く重い原稿を読むアナウンサーの隣で、毒にも薬にもならない無害なコメントを並べたりニコニコ笑っていたりする番組の清涼剤として女子アナは人気を博し、局専属やフリー契約など様々な雇用形態で今日もテレビを賑わせている。

役割[編集]

台風に 生け贄差し出す テレビ局

上記の通り女子アナにアナウンサーとしての役割はなく、無責任なキャピキャピした放言で場を和ませる[2]のが基本の役割である。若くて可愛いだけで頭カラッポなバカを画面に置くことで、視聴者に優越感を抱かせテレビの前に座らせ続けるのが女子アナに与えられた大役となる。また「頭も股もユルそう」と思わせる事で、男性層を釘付けにする効果もある[3]

隠れた役割としてあるのが、台風など自然災害への生け贄として捧げるという用途。画像のように強風吹き荒ぶ台風直撃地域で中継をさせたり、まだ余震が残る危険な被災地へとわざわざ非力な女子アナを送り出すのは、彼女らの命を捧げて被害を軽減しようという放送局側の意向に依るもの。効果の程は未知数だが、現在でも豪雨災害や異常高温などの際には女子アナが毎回送り込まれている[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 設定上の性別。
  2. ^ 女子アナの「さしすせそ」と呼ばれるのが「さすが(アナウンサー)さん~」「知らなかったですぅ~」「スゴいですねぇ~」「センスいいですねぇ~」「そうなんですか~」の五つ。これを適宜選択する頭があれば、立派に勤まる。
  3. ^ 大手の写真週刊誌で、女子アナパンチラ画像特集がよく行われるのも同じ理由。

関連項目[編集]


おそれいりますがこのままちょっとお待ちください.jpg この番組「女子アナ」はまだパイロット版です。
実用化に向けて更なる検討を必要としています。 (Portal:スタブ)