女王

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、為政者について記述しているばい! その他の用法につ・い・て・は「クイーン」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「女王」の項目を執筆しています。

女王(じょおう)とは、一国を平定し治める為政者である。

概要[編集]

英国の女王。平和な日本の女王と違い、武力を持つのが特徴である。

かつて日本には「一国一城の主」という言葉があり、「男子たるもの妻子とマイホームを背負ってこそ一人前」とされていた[要出典]。特に団塊の世代はその傾向が強いが、彼らはあくまで「背負う」だけであり維持管理を行おうとしない。そのままでは荒廃する一途の「一国一城」を守るため、女たちが立ち上がった。頼りない夫に発破をかけ子供たちを立派に育て上げマイホームの資産価値を守る、「戦う女」。そんな彼女らこそ「女王」なのである。

妻として[編集]

威張りたがる割には心が弱く、すぐに疲弊する夫を様々な手段(セックス含む)で何とか奮い立たせて会社へと蹴りだすのは女王陛下の大切な仕事である。また身嗜みやらなにやらも面倒を見、とにかく表向きだけでも「りっぱなひと」になってもらわなければならない。他にも周囲との外交も行い、家族が周辺と軋轢を起こさないように調整するのも仕事である。

母として[編集]

そのままでは夫の二の舞となりかねない子供たちを、持てる知識をフル動員して正常な道へと進ませてあげる、人道支援もまた大切な事である。教育こそが人間を作る、女王の教育方針が家の未来を創るのだ。また子供たちが思春期を迎えた際には、照れることなく人間本来の大切な事をしっかりと教育し、豊かな未来へ続くように導いてあげるのも必要である。女王は即ち女神でもあるのだ。

お財布様として[編集]

元来男と言うのは計算が出来ない生き物であり[要出典]、財務の一切を女王自ら取り仕切らなければ財政破綻は確定してしまう。また万が一に備えて財務管理を綿密に行い、火急の際には財政出動も行えるよう保険をかけておく必要もある。しかし女王は 自らの出費は可能な限り抑えて国の安定に努めるのである。「パンがないなら、私がパートして稼いで買おう」、の精神が女王の心意気である。

女王陛下への敬意[編集]

家と言う「国」は、「妻/嫁」という女王なしでは成立しえないものである。しかし女王が為政者としての激務を果たすには、臣民からのが不可欠。人々は女王に感謝し、時には仕事を手伝ったりしてあげるべきだろう。支えあうことでこそ「幸福な国」が作れるのだから。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「女王」は何故か「女王様」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。