奴隷

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

奴隷(どれい)とは、現在発見されている生物の中で、最もヒトに近いとされている生物である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「奴隷」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 概要

奴隷は動物界脊椎動物門哺乳綱霊長目に属する生物であり、奴婢と呼ばれることもある。直立二足歩行をし、道具を使い、言語を理解し会話するなど、多くの点においてヒトに似ているが、ヒトとは決定的な違いがあるとされ、その違いが何なのかが現在でも研究されている。

[編集] 起源

奴隷の存在は古代の書物にも記されており、人類とのつながりが深い家畜であると考えられている。ただし、奴隷の肉を食べる文化はほとんどなく、その知能の高さから人類に飼われ始めたのだという説が有力である。奴隷のほかには知能の高い家畜は存在せず、そのために、人類は奴隷を重宝してきた。しかし、他のイヌなどの家畜と比べ、人々からは敬遠されてきており、その原因が現在研究されている。

[編集] 現代における奴隷

現在、奴隷は絶滅の危機に瀕しており、日本政府のレッドデータブックではEW(野生絶滅)に分類されている。その原因としては、「知能があるから奴隷は解放されなければならない」という意見が高まり、エイブラハム・リンカーンによる奴隷解放宣言によって奴隷の開放が始まったのだが、長い間人間に頼って生きてきた奴隷にとって野生環境は熾烈であり、そのために個体数が減っていったことが有力視されている。また、「奴隷の存在を認めない」という意見と「奴隷を虐待してはならない」という矛盾する意見が混在したことによって、対応が遅れたためだともいわれている。

[編集] 関連項目


この項目「奴隷」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語