妊娠

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Disambiguation ここでは哺乳類などの胎生を表す妊娠について説明しています。ソニーGKに対抗する任天堂精鋭部隊については任天堂信者を参照してください。


「子作りは計画的に」
妊娠 について、銀魂サブタイトル
「ズッコンバッ婚」
妊娠 について、鬼女

妊娠(にんしん)とは、あれの後、女性が子宮胎児を宿してから出産するまでの期間を指す。

妊娠することで子孫を残し種族の絶対数を残す生物として基本的なメカニズムであるはずなのだが、我々人類は同志を殺し絶対数を自ら減らす殺人鬼と呼ばれるイレギュラーな因子を生み出すこと、また『一生独身』と『女性の社会進出』の2つを掲げるキャリアウーマンと呼ばれる因子や、近年の急激な童貞率の増加により、童貞であることを恥と思わないような因子も多く生まれていることから、このメカニズムが上手く働かなくなってきていることが問題視されている。

当然ながら、1組の男女がいたとしても最低2人の子を授からなければ理論上は個体数が減っていくはずである。実際に、常に最先端の技術をもって最先端の道を進む日本が自ら実験体となった結果、少子化という現象が確認され国の人口が減っていくことが証明された。一方ロシア鉛筆算数と呼ばれる数学より比較的難易度の低い技術を用いて証明することに成功した。

日本では大日本帝国時代から高度経済成長期にかけて『産めよ、殖やせよ』のスローガンが掲げられていたこともあり、出生率が2.0を軽く超えたおかげで爆発的に人口が増加した。しかし現在では、そのスローガンが取り下げられたせいなのか出生率は2.0を大きく下回っている。『倫理的に問題がある』『子供達に悪影響を与える』『女性は子を産む機械ではない』など、真っ当な意見から暴論まで多くの抗議が寄せられたため、政府は仕方なくスローガンを取り下げざるを得なくなったのである。

「一発だけなら誤射かもしれない」では済まされないので、注意が必要である。

目次

[編集] 受胎

現在も、受胎の発生メカニズムは完全には解明できていない。一説によると2人の愛し合った男女が夜な夜な不思議な儀式を行なうことで発生するとされているが、その男女は決して儀式の内容を語ろうとしない。公共の場で儀式の内容を実戦演習として盛大に発表すればノーベル賞も間違いないほどの歴史的な大発見なのだが、科学者達が検証実験を行おうと男女に協力を求めると、特に女性のほうから『セクハラで訴えます!』とビンタを喰らって必ず実験中止に追い込まれるため、科学者達は悶々とした日々を送ることを余儀なくされている。

彼らが立てた仮説としては『キスをすると妊娠する』というものがある。確かに欧米ではキスは挨拶のようなものであり頻繁に行なわれる。しかし日本にはキスが挨拶という概念がないため妊娠発生率が低い、つまり少子化の道を辿った原因であることが裏付けられる。ドイツの科学者によると、男性は興奮すると下半身の一部が堅くなるのはその部位に身体の不純物を凝縮し、口の中の舌を浄化しているためである。そうすることで男性の不純物が無くなったDNAを含んだ唾液とよばれる分泌液を女性の舌に受け渡し受精になると主張した。

またディープキスと呼ばれる荒技が存在する。簡易的な説明としてノーマルなキスは唇と唇を重ねるだけであるのだがディープキスはお互いの口の中にお互いの舌を入れ合うことで大量の唾液を交換しあう。こうすることで妊娠発生率が高まるのである。ちなみにディープキスは挨拶としては不適なので注意頂きたい。

[編集] 妊娠の経過

[編集] 妊娠初期

つわりとは吐き気や嘔吐を催す妊婦独特の症状のことである。つわりを得ることで妊娠しているというが発覚する。つわりは、妊娠後期に子宮に居る胎児を口から吐き出す事故を防ぐために、『飲み込む』という予備訓練をしているものと言われている。また身体に起きるあらゆる変化や不調のストレスのために妊婦は精神不安定になってしまう。この妊婦の突然の変貌ぶりに怯えた夫が逃げ出すことがよくあり、これは早期離婚の大きな原因であると言われている。また彼女からの突然の出来ちゃった告白は彼氏の心臓発作を引き起こすとの報告が全米著作権協会よりなされているので医師によるコンセント・フォームが必要である。

[編集] 妊娠中期

3ヶ月~6ヶ月半の期間。この頃になると明らかに目立ってお腹が膨らんでくる。肥満では誤魔化されないため、高校生の妊婦であれば学校側から停学、もしくは退学を突きつけられることがよくある。しかし、この時期になると妊娠初期の『もしかして貴方は肥満?』の疑惑が払拭されるぐらいに異様に腹が膨らむため、女性の汚名返上が可能である。

[編集] 妊娠後期

中期と比べ、さらに腹が膨らむ。体重やスタイルなどが気にならないため、『子供のために沢山の栄養がいるから』と言い訳を行ない、暴食暴飲に走る妊婦がしばしば存在する。

[編集] 出産

出産を参照。

[編集] 都市伝説

妊娠にはいくつかの都市伝説がある。代表的な例を解説する。

子供はコウノトリが運んでくる
胎児は女性の子宮で育ち出産するという事実から物理的に考えて、完全体となった子供がいきなり女性の子宮に移転し、まだ出産するというのはおかしな話である。そもそもそのようなことはオーバーテクノロジーであり、それができる宇宙人は人類を攫って微小な機械をインプラントするといわれているが、世界で60億人をこえている人類の子供を女性に全てインプラントしているとは言い難い。やってたとしてもかなりのお節介である。
つまりこの都市伝説は、捨て子という汚い現実を誤魔化すために生まれた美談なのではないか?といわれている。
キャベツ畑から子供
キャベツは妊娠しないため、キャベツが人間の子供を産んだとは言い難い。それにキャベツから生まれたのなら、その子供は葉緑体を持ち、緑色の身体をしているべきである。仮にこれが事実だとすると、人間は好んでキャベツを食べているため、母なるキャベツを切ったりすることで蹂躙し食べるという行為で虐殺する非道な生物になってしまうだろう。この説は、レタス業界の陰謀であることが発覚している。キャベツが人類の親であると主張することでキャベツを食卓から消し、かわりにレタスを持ち出すことで、レタスの需要をあげようと目論んだのである。
処女妊娠
妊娠は自然発生するという説である。しかしこれは明らかに古代人が浮気を誤魔化すための苦しい言い訳だと考えられており、現代においても処女妊娠を主張する女性のアリバイ及び言い訳は全て論破されているのが現状である。
処女妊娠の起源はイエス・キリストを身ごもった母なるマリアであると言われている。彼女の主張によると、神から授かったとのこと。専門家によると『神』とは浮気相手の『カーミュさん』の隠語ではないかと言われている。少数派としては『大神さん』を挙げる人々も存在する。

[編集] 関連項目


個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語