嫌煙

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

嫌煙(けんえん)とは拝火教の信徒達の排出するが嫌いなこと、そしてそれを避けることを指す。またそのような行動を取る人々のことを嫌煙家と呼ぶ。嫌煙家は、大きく過激派と穏健派の2つに分けられる。穏健派は、横暴な拝火教徒にのみ拒否反応を示すので、ここで話をしても面白くならない。よって、このページでは過激派のみを対象とする。

概要[編集]

文字通り「礼拝の煙だけが嫌い」な為、拝火教の信徒とのいざこざが絶えない。近年はますます過激さに拝火教信徒でないのに火が付いたのか、ついに拝火教根絶を訴え出し始めた。本来の「共存への道をさがすために拝火教以外の人へ配慮を要求する」という思想からは指数関数的に遠ざかっている。

また、過激な嫌煙志向者は禁煙ファシズムの患者も多数含まれており、元拝火教教徒であることも少なくない。 このような宗教弾圧は概して一方的であり自己中心的な意見によるものであるため、長い間には反感を持った民によって収束していくのが普通である。しかし、彼らの言い分の中には「人がまだ飯食ってるのに目の前で礼拝はやめてくれ・・・」「休み時間に礼拝堂にいるあいつが、なんで俺と同じ給料なの?」等の意見もある事から、収束どころか戦況はますます泥沼化していくものと見られる。

なお、過激派は『礼拝で使う時間は休憩とはちがうのか→同じだけの休憩を取る権利は嫌煙蚊にもあるべき→不公平なので礼拝を休止すべき』との三段論法で物事を考えているため、以下のような特徴を持つ。彼らの頭に共存の二文字は存在しない為、各所で礼拝堂撤去と喫煙根絶を訴える。

特徴と傾向[編集]

アメリカ合衆国のカフェ・ニコイチン教授はその著書『嫌煙論理』において、過激な嫌煙者の傾向として以下の傾向が上げられるとしている。

  • 自分達を完璧と信じている。
  • 自分達は被害者であり不当に差別や迫害を受けたのだから、何をしても良いとする
  • 拝火教教徒を殺人を犯す大罪人と処断する。
  • もっとも権威のある機関と信じてやまない世界保健機構の理論を飛躍論理と融合し弾圧を行う。
  • やたら難解な専門用語もしくはカタカナ文字を使って表現しようとする。多くの場合感情論を覆い隠すために独自解釈と飛躍論理が加味される。
  • 子供や病人等、社会的弱者を使って周りを脅す傾向がある。
  • 拝火教より怪しい団体が多い。
  • 思考停止の傾向が強い者は論文や報告を貼り付けだけを行い、自分の言葉や考えを提示しない者も存在する。
  • 文章読解能力に乏しい者が多く、痛烈な皮肉の作品を真に受けて絶賛する者も少なくない。

発言集[編集]

  • アスベストなんて存在しません!肺ガンの原因は全て拝火教信徒の喫煙です!
  • 北極極点が2040年に溶け出すのも拝火教徒の仕業です!
  • とにかく煙たいんだから、その煙を今すぐ俺の前から無くせ!
  • 分煙なんて生ぬるい!全世界を無煙にすべく、禁煙にせよ!
  • ジーク世界保健機構!ジーク・ハイル!

このような過激な嫌煙家は返り討ちにあって然るべきだが、最近ではそのとばっちりで穏健派まで責め立てたり小馬鹿にするような拝火教教徒が現れている。極端に迫害が進めば、対応した主義が反発する形式はいつの時代にも見受けられるが、被害を被るのは無辜の民であり、お互いが共存できる社会になるには先は長いものと思われる。

統計[編集]

  • 2008年時でのたばこによる税収は2兆2000億円に上るが、その恩恵については喫煙者に対し無視を決め込む。
  • 1965年以降、喫煙者は徐々に減少し、(年に因って増減は繰り返していた)2012年に至ってはその減少率は下降の

 一途を辿っているにもかかわらず、肺がんをはじめがん患者は反比例で増加している。  また持病持ちで元ジャンクフード愛好家に近い連中が自身の食生活を棚上げし八つ当たりともとれる行動を起こしている。

  • 肺がんデータはマウス実験において行われたもので、人間に換算すると200本分に相当するものを無理矢理吸わせた結果を人間に置き換えて発表を行っている。(睡眠時間不換算で7分少々に1本を毎日吸っている、吸っていたという人物にはまだお目にかかっていない)と、このようなアジテート的な偽情報のねつ造を日々マスゴミと結託し布教に勤しんでいる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


ひよこ この項目「嫌煙」は書きかけだよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってなら、してみやがってください。お願いしましたよ。 (Portal:スタブ)