宮崎勤

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この方は亡くなられました?
心からご冥福をお祈り申し上げますと言いたい所ですが無理そうです。未だに精神寄生体として生きている可能性があります。また、言ったら日本の警察に捕まる危険性があります。

宮崎 勤(みやざきん、1962年8月21日 -2008年6月17日 )とは多重人格ペドオタクヘンタイで死体愛者でありバカ田大学講師でありサイコパスであった人物。宮崎駿と同じロリコンであるため、もしかしたら弟かも知れないと噂される。ロリと児童ポルノ論の先駆者であり現在も宮崎を慕う人は数多い。実はIQ135で東大生より頭が良い事はあまり知られていない。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宮崎勤」の項目を執筆しています。

経歴[編集]

幼少期にいじめに遭いまくり女性関係は悪化したが、その後、高校時代よりロリコンの世界に開眼する。祖父死亡後、幽体離脱体験などを行い多重人格反応を示し、また霊能力者となって多くの人々が彼の下を訪れる。瞬間移動やねずみ人間の異世界からの召還など魔法使いとして、魔法を自在に操る大魔術師として名を馳せることとなった。

霊能力者となった後は祖父の骨を食べ、祖父の復活をかけていくつかの行動に出た。それらは日本における自然宗教的価値観を持つカニバリズムの先駆けであり、歴史に残るべき、また研究対象とすべき素材ではあったが、いわゆる歴史教科書論争で不適切な項目とされ、歴史に残すことや、そもそもオタクの前では話題に触れることすら許されぬという不遇な扱いを受けるようになった。歴史教科書論争で問題とされた理由は3つあり、「特定の人種に対する固定観念を植え付ける恐れがある」、「正しい報道ができなくなる」、「いじめの原因となりうる」であるが、宗教的意図があったとみる動きもある。

幼女賛美[編集]

宮崎勤の行動は「人間の美」を究極的に求めた男に相応しい、芳しいものであった。宮崎にとっての人間の美とは、純粋で神秘的で自分自身を温かく包み込んでくれるようなものであった。しかしながら、薄汚れた現実社会の女性にはそのようなものは存在せず、当然の帰結として汚れのない幼女への耽美的な愛によって実現することとなった。そうした目的で幼女たちをオーディションし、プロデュースし、それによって自らが求める究極の美を実現しようとした。丁度後世の「モーニング娘。」のように、すばらしい集団が出来上がったのである。

彼はやがて幼女の肉体を食べ、それと一体化することでさらなる高みを目指そうとした。幼女の若く美しく穢れを知らない肉体は、その「ぷにぷに感」など歯ごたえは相当美味しかったと言われ、まるで高級な肉を食べたがる子供のように事件は悪化しバラバラ殺人の様相も呈したが、こうした行動を経てへの階段を上り始めた彼を恐れた政府当局によってあっけなく逮捕された。

逮捕後[編集]

PETAは最近になって彼の無罪を主張しているようだが、それについては後に言及する。だが彼は、事件のことを聞かれてもほとんど記憶喪失状態となっていた。なお、彼が吸血動物の血を引いていたということで吸血鬼とも呼ばれていた。

事件時の人格は本人以上に明敏な人格である「今田勇子」と「殺人者」による犯行であった。彼にはまず一人目に「幼稚さと哲学者が混在する宮崎自身」、二人目に「子供で衝動的な殺人者」、三に「冷静な人物」、四に「犯行声明と告白文を書いた今田勇子」、五に「慶応グループの人物に対して私はあなたを断ると手紙を出した人物」の五人の性格が存在するとされた。このように宮崎は一つの肉体に複数の魂を宿す特異な存在であったが、無知蒙昧な医師たちはそれを理解できず、結局「多重人格」と診断された。

その後宮崎は、ロリコン食人魔という名目で、国家反逆罪の罪を課され死刑囚となった。宮崎のその美しき活動により「オタク=宮崎」という考えが生まれ、多くの一般人が「宮崎はオタクの鏡だ」と考えるようになった。レポーターもコミケを見ては「ここに10万人の宮崎勤がいます!」と公言して憚らない。また、宮崎はロリコンのとなり、多くの小児性犯罪者、ことに小林薫などに慕われていた。だが、本人は小林薫のことを自分の方が上であると述べ、格が違うと自称していた。

そして2008年6月17日、死刑が確定してから2年という異例の早さで死刑が執行された。宮崎が刑に処せられたことにより、今後ますます宮崎の神格化が進むと予想されている。

彼の判決について[編集]

彼の判決については、未だ稀に論争に出ることがあり、関連する事件が起こるたびに回想され、また語られる。PETAと豪州のいくつかの動物愛護団体は彼の行動を無罪と主張。「ほとんどの人間は老いた動物より若い雌の肉を食べることを好む。人間も動物の一つであるし、これは地球上の多くの人間がやっていることとなんら変わりない」とし、「彼を有罪にした者が鯨や牛を食べたことがあるならば、その者も牢に入るべき」と付け加えた。

彼のように普通の人間と精神のレベルが異なる者に、それを理由に刑を科すべきかどうかについては様々な議論がなされているが、結果が出ることは無い。結果が出ればそれ以上の議論はできず、番組構成ができなくなり、モンスタークレーマーが煩いからといわれているが、当事者らはコメントしたことはなく、これからもしないだろう。

関連項目[編集]