宮本茂

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「宮本茂」の項目を執筆しています。

宮本 茂(みやもとしげる、1952年11月16日-)とは、マリオの著作権をイタリア系アメリカ人から買収、拉致、監禁、改造をした任天堂株式会社の副元帥である。その行き過ぎた、電脳ゲームへの愛からしばしば「日本有数のペテン師」「ゲーム界の巧妙且つ悪質な欺瞞者」「二進法犯罪者」「ゲーム業界最強最悪の盗賊」等と称される。

目次

[編集] 人物

幼少時代からその独自性がある絵を好んで描いた。特に描いたのは残酷な非日常的抽象画だった。小学生のときは市の展覧会で自身の描いたキュビズムセザンヌの影響を受け、20世紀初頭に、パブロ・ピカソジョルジュ・ブラックが創始した、視覚上の革命的な美術動向)作品で見事入選した。その後、中学生になるとその突飛な能力が開花する。中学校では美術クラブに属するがクラブ顧問との美術的嗜好が合致せず、一ヶ月で辞めた。その後は近所の絵画教室に身を置く。その絵画教室には高校3年生まで通い、現在もたびたび訪れている姿が目撃されている。

大学入学する。宮本はこのとき、幼少時代にやられたいじめを思い出し復讐を誓う。大学では当時まだ見新しいパソコンを駆使し電子ドラッグの開発に着手する。ちょうどその頃田尻智と出会う。出会った場所は総合娯楽施設のギャンブルゾーンでお互いポーカーをしていた。二人の趣味嗜好が似通っていることから二人の仲はより親密になっていく。

大学を卒業後田尻智とは別れ、当時、非日常的なグラフィックを作っていた任天堂に入社する。入社後、初めて着手した電子ドラッグで大型霊長類の脳を刺激しそのとき誕生したのは史上最強の筋力を持つ金正日である。あまりにデータと掛け違った力を見せたために対抗策として思案されたのがマリオだった。人間に同じタイプの電子ドラッグを注入し超人を作ろうとしたのだ。しかし、データ暗算用のプログラムが機能せず開発は遅れていた。そのとき現れたのが田尻智だった。二人は見事マリオをイタリア系アメリカ人から譲渡してもらい、見事に生みの親を名乗る事に成功した。そして二人は、この電子ドラッグを使用し更なるカオスを日本に起こそうとした。それがポケットモンスターである。

[編集] ポケットモンスター

宮本茂は電子ドラッグを応用させ生物兵器を製造した。それが、ポケットモンスターである。ポケットモンスターオーキド博士と共同開発した。オーキド博士がプログラミングの基礎を作成し宮本が固める。それを1996年家庭用ゲームとして発売した。見事成功し、儲けとポケットモンスター依存症の子供達ばかり増えた。その後大量に兵器を製造し、2006年には最高傑作となるダイヤモンド・パールが発売した。

[編集] ちゃぶ台返し

Nintendo staff.gif

宮本の自己中心的な思想任天堂の社員達や開発元の他社の面々(たとえ外国だろうがお構いなし)を巻き込んだ。会議中、自分と意見が合わない事が出ただけで怒り狂い、社員を殴り会議を抜け出しパチンコをした。それがちゃぶ台返しだ。その矛先は主にピンクだま緑の勇者に向けられるが、彼らは無事にこの仕打ちに耐え抜きたくましくなって生還する。

現在、宮本氏が後悔しているらしいちゃぶ台返しは、カービィを2度目に拉致した際、ハル研究所任天堂山梨分隊にしてしまった上に、ハル研究所と桜井政博神が謀反を起こさないようにカービィにコピー能力を授けた事。結果、桜井神が逆にカービィを利用して任天堂を乗っ取ろうとする行為がしばしば見受けられるようになり、マリオの悪運に助けられる度に『ピンクの悪魔』を作ってしまった事の自責の念に駆られるようだ。

[編集] 解雇

宮本は彼の異才を妬む無能な上層部の策謀によって遅くとも2013年までに任天堂から強制定年退職をさせられる予定である。(ゲームラボのゲーム業界の噂特集より抜粋) しかし、これほど優秀な人材を早々に手放すのは惜しいと判断した岩田総帥の意向により、現在は定年の無い取締役専務の座に置かれている。

[編集] 反宮本大量破壊兵器

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語