小坂ゾーン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

彼のいる方向へ飛んだ打球は
ゴロであれライナー
センターフライやサードフライでも、
守備範囲が広く、正確無比な彼に
大概ショートという守備位置で片付けられてしまうことから
ある種の諦めと
敬意と
ほんのちょっとの妬みから
こう言われた。
「小坂ZONE」


「ここから先は小坂しか入れない聖域なのだ。」
小坂ゾーン について、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ

小坂ゾーン(こさかZONE)とは、野球選手である小坂誠が守備についた際に、理屈では説明できない現象が起こるエリアである。 小坂がシャイでなかったならばイチローの「エリア51」をも越える守備範囲であるといわれる。それでも守備範囲の広さはチートクラスで、守備位置はショートではなく、 ショード・ショフト・ションター・ショカンドとショート+αの守備が当たり前である。

よく確認される現象[編集]

  • レフト前ヒット、センター前ヒットがよく消え、ショートゴロになる。
  • 高いバウンドを打ったと思ったらもうファーストのミットにボールが収まっている。
  • 神・初芝がサードゴロを華麗にスルーパスするため、サードゴロもショートゴロになる。
  • レフト、センターへのフライがショートフライになる。
  • 気分が乗っているときはホームランも捕りに行く。
  • だけど捕った後、打った打者に一言、「すみません」
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

今までにわかっているデータ[編集]

  • 範囲は一説によると東京ドーム10個分それ以上とも
  • あのイチローもなかなかヒットにできない
  • 初芝神がいるといろんな意味でパワーアップ
  • 福浦和也がいないとパワーダウン
  • 引退した今でもテポドンくらいなら軽々と捌ける。
  • しかし、ヤクルトのカツオは捌けない
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]