小学生

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
典型的な女子小学生。

小学生(しょうがくせい)とは、向かうところなしの小悪魔のような6,7歳~11,12歳ぐらいまでの若者のことである。小惑星と混同される事もしばしばある。

なお、この時期に女の子にメロメロにされてしまう男の子もいなくはないが現実はそんなに甘くないので現役小学生は注意。

習性[編集]

  • を勝手に蹴る。(自分にとってすんごい重要な話のときに、後ろの席のあいつが蹴ってくる。)
  • を勝手に殴る。(その際に自らの口から出てくる効果音はたいてい『デュクシ』。)
  • 一人称『オレ』のイントネーションが独特である。(『チャリ(自転車)』と同じ。)
  • しつこい(一昨日下ネタ言ってしまったことを何っ回も何っ回も言う。)
  • 沢山居ると五月蝿くて昼寝が出来ない。
  • 連休とかは「どっかにつれてけ」の一点張りで昼寝が出来ない。
  • よくわからん人形を掴んで何事か呟いている。とても怖い。
  • 自分の都道府県名産を知らない。(教室の時間が3秒間止まる。)
  • 帰り道に怒っていたとしても分かれるときは絶対「じゃ!!」と明るく言う。
  • 絶対に自分の信念を貫く。俗称「俺の信念は固い!生」である。
  • マクドナルドなどで購入したジュースの余った氷を「ブリザド!」と言って飛ばしてくる。
  • 最近は陰湿度が中学生と張っている。それが原因で事件になったりならなかったりする。
  • よく携帯電話を欲しがる。本当の理由は自慢したいから。
  • 女子が近くにいるときに赤くなる。
  • つまらないことにものすごく集中・熱中する。勉強は集中しない。
  • しょうもない物を欲しがる(ゲームとか)。
  • 何故か借りる本は動物の本か動物が出てくる本が多い。
  • 家では食べ物をさがす。
  • 図書館等ではやたらと無駄話をする。
  • 近くに虫がいると虫をいじめる。
  • 近くに黒板があるとすぐに落書きしたがる。
  • ランドセルがビリビリだったり、シールがいっぱい貼ってあるとかっこいい
  • 名前に“アルティメット”がついてる物は大体かっこいい
  • ちんこ」「うんこ」と言えばたいてい笑う。(もちろん男の子ね)
  • 席替えが行われる前日はドキドキして眠れない。また、席替えで男子が隣り合うと無性に喜ぶ。
  • クラスメイトの顔を茶化した絵を黒板に描き、盛り上がる。
  • うんちくや、ちょっと難しい言葉を覚えるとすぐに周りの友人に自慢する。
  • 勝手に替え歌を作る。
  • 究極の呪文「先生に言ってやる」。
  • 「100億万円」とか、「億」や「万」が付ければ大きい数になると思っている。
  • ピアノやオルガンの前に来ると、必ず「ねこふんじゃった」を弾く
  • 学校で「うんこ」をするとからかわれる。
  • wii等を親友が持っているので話が分からない、用語とかが分からん等一人でなんかブツブツ言う。でも買わないでそのまま自殺をすr・・・
死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

小学生が持つ恐ろしい魔力[編集]

  • 大人は、小学生を泣かすことができない。(もしも泣かすと、周りにいる、大人、子供、その子の母親などに責められ続け、最終的に自殺するらしい。まったくけしからん。ワシらの時代はゲンコツとカミナリが当たり前での・・・40行ほどお察しください
  • だからといって大人も負けじと大泣きしても全くの逆効果である。頭のイタイ人としてお巡りさんの所に連れて行かれてしまうからである。

小学生が持つ恐ろしい魔力を封じる勇者[編集]

小学生が持つ恐ろしい魔力は、大人は小学生を泣かすことができないというものであるがただ一人、その魔力が通じない革命を起こした勇者がいる。それは先生という人物である。先生とは、小学生をゲンコツで操る魔術師である。だが、ある小学生は、先生を責めて責めて責めまくって魔力を高め、最終的に「先生」と言う勇者が「小学生」という冒険者に負けてしまうこともある。

小学生の強い味方[編集]

保健の先生という大人の味方もいるが先生をも遥かに超える途轍もない力を持つ者がいる。それは小学生の母親だ。小学生の母親は小学生(特に自分の子)を溺愛し、小学生に力を齎(もたら)す。その結果頭でっかちで自分のケツも拭けない若者がふえた。

猛暑期の小学校在籍期間中の靴下着用禁止[編集]

模範的な小学生の服装例

近年、日本各地でフェーン現象による夏期の気温上昇による熱中症が多発しており、通学靴の着用義務化における無理な靴下着用が原因と見られる。よって、天気予報における最高気温が30度以上であると予報された日の靴下およびストッキングの着用を全国の小学校において禁止とし、また最近全世界で人気のある軽い樹脂製の靴によるエスカレーター巻き込み事故が頻発していることから、サンダル類の着用を全面禁止とし、足全体を覆う靴のみ着用を認める。

補足[編集]

これらの事を踏まえると、小学生は無敵であることがわかるが、小学生は、いつ、どこで何を言い出すかわからない。十分に注意すべきである。

性的要求[編集]

特に低学年はスカートの中をのぞくということが容易にしやすい。方法としては、掃除の時間の雑巾がけのときに立っている女子のスカートを覗くなどがあげられる。ジャングルジムのミニスカは要注意また、休み時間に校舎の裏に呼び出されたら女子は注意するべきである。最近では小学生たちによるレイプ事件も起きているから、これに負けずと大人たちも検閲により削除

競技[編集]

通学中の小学生をピンにみたててボウリングを行う者がときどきおり、競技成績は新聞で公開されている。

方法[編集]

  • ピンの本数は10本のはずだが、本数が10本以下のピンに誤って突入する者もおり点数が低くなる。
  • 突入する際は、前方をよく見ていてはいけない。携帯電話で通話したり、カーステレオをいじったりしながら突入するのがよい。
  • スピードは、道路に赤丸で書かれた数字の倍くらいがちょうどよいとされる。

開催地[編集]

  • 開催地は、ひどいインターネットで公開されていることがあるが、実際にその小学校でボウリングや小太刀の競技が予告通りに実施されたことはほぼ皆無である。
  • しかし予告を行うことは法律で禁じられており、毎月のようにタイーホ者が出ている。この記事に実在の小学校の名称を書くことは厳に慎むべきである。

点数計算[編集]

  • 点数は道路交通法により定められている。
  • 三本以上連続で倒すとコンボボーナス、また横転して自然に元に戻った場合カンニングスタントボーナス、塀などに押し付けて真っ二つにするとパイルドライバーボーナス、携帯電話を無料と思い込んで購入するとスーパーボーナスなど、いろいろな付加点数がある。
  • ニ投目でスペアをとるのは困難である、ピンが逃げるためである。それを実施した場合は35点が基礎点数に付加され、娑婆から追放もしくは現世から追放される可能性がある。
  • スーパーキノコエリクサーなどのアイテムを使うと6点、もしくは13点が付加される。

上記以外の場合の点数計算

内容 点数
ピンが「死亡」した場合(複数名でも同じ点数) 62
ピンが「治療期間3か月以上あるいは後遺障害」になった場合 55
ピンが「治療期間30日以上3か月未満」になった場合 51
ピンが「治療期間15日以上30日未満」になった場合 48
ピンが「治療期間15日未満あるいは建造物損壊」 45
酒酔い運転(麻薬も含む) 35
救護義務違反 35
過労運転 2

以下は、酒気帯びではない状態での点数
速度超過は一般道での場合

内容 点数
無免許運転 19
速度超過 50km/h以上 12
速度超過 30~50未満 6
速度超過 25~30 3
速度超過 20~25 2
速度超過 20km/h未満 1

べっぴんさんの卵じゃ[編集]

掟破りのカボチャパンツで、ブラジャーはちょっと早いという究極の美人の卵で一部のけしからん若者がスケベなことをしている。 そんなことをしたら将来嫁のもらい手がなくなってしまうかも知れない。もっとも最近の若い人々はそんなこと気にしていないようだが。 小学生のうちに食べておかないとスタイルの良い美人にはなれないと思うぞ。 だいたいダイエットっていっても今食べておかないと胸も大きくならないと思うが。

関連項目[編集]


この項目「小学生」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)