小早川優

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

小早川 優(こばやがわ ゆたか)は、陵桜学園高等部に属する女子高校生の一。御宅界で神格視される泉総次郎の姪、泉此方の従姉妹にあたる。

人物概要[編集]

身体的には幼女教で神格視される此方の更に上を行く。高校1年の時に約0.8hydeしか身長が無かったのである。また病弱な面もあり、そこが此方や田村日和など御宅教徒の間からは神聖視される要因となっている。

だが高校に進んで以来、居候先の住人が総次郎、此方、それに留学生であるパティと全て高等域に達する御宅教徒であり、更に同級生にも日和、若瀬泉等の重軽問わず御宅教の道に進んでいる者がいるという異様な状況にありながら、本人は2年たっても殆どその色に染まっていない。このことから身体能力は弱くとも、精神能力は極めて高いとする分析がなされたことがある。

また総次郎からは戸を開放した状態で便所に入っているところを見せつけられたり、便所の紙切れで下半身を露わにして上の階に移動しようとしているところを目撃させられたりと、有形無形の性的暴力行為を多々受けているが、それでも彼を嫌っている節、それに精神に異常をきたした節がほとんど見られないことから、泉家に来て以来、その精神能力の強さには更に磨きがかかったのではないかとする見方がなされることもある。

昨今は高校入学時からの親友である岩崎南と共に、相互補完を図る形で能力を高めようと躍起になっている。病弱ながらも持久走を単独で完走したりと、精神能力は今なお着実に伸びているようである。なおその相互補完型の友人関係であるためか、日和など周辺人物からは同性愛の嫌疑の目をもって見られる事があるが、当人らは全くそのことについて自覚していないのか、あるいは強い精神力に裏打ちされた寛容さゆえか、そのような目で見る者すら嫌う節はほとんど見られない。

岩崎みなみ.jpg どうも、みなみです。この記事「 小早川ゆたか 」はらき☆すたに関連した書きかけ記事だから、誰か加筆したら嬉しいと思います。ご協力を心からお願いしますね。 (Portal:スタブ)