少量破壊兵器

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
この記事は、en:Weapons of Minor Destructionから翻訳されたものです。
少量破壊兵器の一種。

少量破壊兵器(Weapons of Minor Destruction、WmDs)は第二次世界大戦中の1940年に発明された。有名な二人組のコメディアンであり忍者であるアドルフ・ヒトラーは、戦闘の準備中に自分の口髭がカチカチと音を立てていることに気がつき、「Geschlecht ist gut!」(ちょっとだけイライラする!)と叫んだ。知的であり、その時はまだ偏執症でもなかった彼は、口髭がカチカチと音を立てているから攻撃を察知し、直ちにオプラ・ウィンフリーの軍から少量破壊兵器による攻撃を受けていることを周囲に伝えるよう彼の奴隷に命令した。この時に少量破壊兵器という呼称が誕生した。

[編集] 防御策

少量破壊兵器から身を守る為には、単純にそれらにひっかからないよう注意するしかない。ここでは幾つかの防御策を示す。

  • 下を見ること。何者かがバナナの皮を足元に仕掛けていたのならば、単純に脇に避ければ良い。
  • 上も見ること。ドアは開けて3秒待ってから入ること。黒板消しは上にある。
  • もし何者かにシャツの汚れ具合を指摘されたのならば、絶対に下を見ないこと。代わりに鏡を探すこと。
  • 何者かがドアを叩いた時は、こう返事をすること。「表の張り紙を読まなかったのか? 勧誘はお断りだ! くたばれ!」
  • もし何者かに肩を叩かれたのならば、絶対に振り向かないこと。全力で10メートルほど走り、それから振り向き、叩いた人間に回し蹴りを食らわせること。誰に叩かれたのか定かでない場合は、半径1km以内の人間を全てノックアウトすること。
  • もし偶然、自分自身をB級ホラー映画の中に発見した時は、パニックになることが最善の選択である。そして裸になり、十分な麻薬を摂取すること。もう死は避けられないのだから。

[編集] 少量破壊兵器の種類

[編集] 関連項目

Wikipedia
ウィキペディアの専門家気取りたちも「少量破壊兵器」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
この項目「少量破壊兵器」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語