出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

(へ)とは、おもに肛門から放出される健康的なイメージの気体テロリズムの道具として認識されるマイナスの側面もある。

目次

[編集] 概要

屁の主成分は一般に「焼いもうんこの気化したものである」などと誤解されがちだが、実は、我々が外界から取り込んだ空気こそ屁の大部分を形成している物質である。通常、取り込まれた空気は呼吸器官によって排出されてしまうが、唾液や食物のように自身の組織内へ溜め込むことができる性質のものにより、空気は食道を通過して腸に達することが可能である。唾液は食事を嚥下するのに欠かせないものであるうえ、覚醒時であればほぼ常に分泌され続けていることから、屁は唾液によって産出されているといっても過言ではない。逆に言えば、屁を放出した人は唾液腺の働きが活発であり、正常に食事を摂っていることが推認されることになる。つまり屁は健康のバロメーターとなりうる。

しかし腸内へ入った空気が無味無臭の状態でいられるとは限らない。稀に肉が腸内で醗酵、というより腐敗した際に放出されるガスが混じることもあり、これが「テロリズムと結びつくものである」と忌避するコミュニティも少なくない。

[編集] 屁は健康のバロメーター

屁の素である唾液を頻繁に飲み込む人間は2つに分類できよう。まず食欲を感じた人間である。唾液腺や食道が何らかの原因で働かない場合を除き、食事中でなくともマンガ肉や梅、あるいは下着などを視認した瞬間に分泌が始まり、唇のテカりや潮吹きを阻止せんとこれを飲み込む。口元から唾液が溢れ出さんとするその様は、傍から見て実に生命力溢れるものであり、屁も活きが良さそうである。そしてもう一方の人間とは、極度の緊張状態にある者のことを指す。人間はストレスが多くなると唾液の分泌も増え、その結果腸が膨れ上がるのである。 社会とは、各人の知らないところでダイナミックに流動するもの。当然そんな場所では一個の人間なら簡単に流されてしまうため、気力・体力を消耗しながら泳いでいかなくてはならない。家族や友人や恋人の情に流されないよう、得意先や夜の社屋にしがみついたりしなくてはならない。とっさにどっちに掴まるかという決断力も必要だろう。つまりストレスとは社会人生そのものである。こういった厳しさは持続することが必要なのである。きっと、病みきった社内を放屁によって健康的な環境に変えることができるだろう。

このように、屁は生の象徴である[1]

[編集] 「放屁テロ」

前項により、屁はヘルシーな産物であることが一目瞭然であるが、理不尽なことに、屁の一特徴だけを論って「テロリズムに結びつく」などとする認識が社会に根強くある。しかしこのような観念に囚われることは、社会にとって必ずしもメリットとはならない。屁の香りは、入浴などで一時的に解消される体臭のようにコントロールできるわけではない[2]。たまたまスメルが添加されてしまった屁の責任追及を行うのは、隠しスペースにコカインの入ったスーツケースをそれとは知らずに運んでしまった人を責めることと同じである。倫理的に見て不健全である。

スティンキーな放屁をテロとしてみた場合、加害者として残念ながらお世辞とは縁遠い方を思い浮かべる人が社会では多いようである[3]。毎日毎日イケメン美人贔屓にあえぐ諸氏ならば理解可能であるが、そういった連想が必ずしも実態とは重ならないことは明白である。イケメンや美人が肉食をしないということは自明の理であろうか。彼らが便秘下痢に悩まされないと本気で考える者がいようか。スカした顔で腸内の空気をサイレントに残して去っていくその姿に、いつしか「スカンク王子」というニックネームがつくこともあるだろう。自室で確かめて匂いを知っている美少女は人知れず腹を膨らまし[4]、脳内では常に嘲笑と戦っているのである。そのためいつも強張った表情になってしまうのは仕方がないことである。

反対に、接頭語「ブ」を伴って呼ばれる者たちの屁が無臭である可能性も否定できないこととこれまでの考察を総括すれば、放屁をテロ行為として弾圧するのは「禁忌」として社会の共通認識にしておかなくてはならないだろう[5]。これは本当の意味で健康のために望ましいことである。しかしながら以下に示すように、今もって放屁への批判が終息する展望は見えていない。

[編集] 9・11米倉放屁テロ

9月11日に放送された番組「NG珍場面5000番組10万人総出演!!頑張った大賞7」の放送中、女優・米倉涼子が放屁を行ったとの指摘が当時ポツポツと聞かれた。「ブリって音がした」「リアクションが明らかに屁」など2チャンネラーに情報が寄せられており、食事中の視聴者から謝罪しろとの声があがった。また彼らは米倉放屁テロの日がアメリカ同時多発テロと重なった事を関連付けるなど容赦ない。

[編集] アニータ放屁テロ

アニータの密着番組中にアニータがトイレにて放屁。食事中の視聴者から謝罪しろとの声があがった。

[編集] 古館伊知郎の3・6屁ポドン事件(古館伊知郎放屁テロ)

2009年3月6日の報道ステーションにて、メインキャスターの古館伊知郎北朝鮮テポドンのニュースを伝える最中に放屁。その模様はYOUTUBEニコニコ動画にアップロードされ物議を醸した。一部によれば、こらえた顔で小さな屁を一発、その後さらに大きな屁をしているという。


[編集] 脚注

  1. ^ 医療機関で死亡した人間の場合、エンゼルケア中に看護師によって腹を圧迫されて屁が排出することがある。
  2. ^ 「ふわりんか」や「オトコ香る」といった食品を用いることで屁が心地よいフレグランスになるという説を検証するには、自身の排泄物に香水を一振りし、数十分後に臭気を判定してみると良い。
  3. ^ こうした社会現象は社会心理学でいう「内包的特性理論」によって推理可能である。こうした脚注要出典を回避するのに便利である。
  4. ^ 我慢した屁は血液に溶け込み、やがて全身から放出される。
  5. ^ イケメンや美人たちによって勝手に屁負比丘尼あつかいされてしまうことは、紛れもない例外として考えなくてはならない。

[編集] 関連項目

Undictionary Logo Text.png
この記事「おなら」は何故か「アンディクショナリー」にも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語