出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

(やま)は、惑星の表面にある盛り上がりである。

人類が争いを引き起こしたり、生息地を急速に拡大しすぎて野生動物や森林などの資源を枯渇させることのない様、彼らを隔離しておくために、(創造主)が大地を創造した際に作為的に生成した(同様の役割を持った地形にがある)。

これにより一つの大陸の人類社会は大小まちまちの不均等なサイズの国家に分割されて、なおかつ最低限の行き来は保持されている。これによってはじめて大国による世界支配による平和は実現する。

目次

[編集] 天体別の概要

山には小屋が付き物だが、街中にあることもある(喫茶マウンテン

[編集] 地球

地球上では人類による開墾の手が入っておらず森林が残存していることが少なくないが、乾燥地・寒冷地や高山、そして呂布チャック・ノリスが近くに生息している場合は植物もなかなか登ってこられないのか山体はハゲている。また、ドロドロとした不透明な熱い液体の噴出によって形成された火山と呼ばれる種類の山で現在も活発に活動を続けているものも森林が育つ前に一掃される(同時に平和ボケした人類に脅威を忘れさせない効果もある)。

プレートテクニクス理論によってダイナミックに変動しているらしい。

[編集]

は神によって作られた際には完全な球だったが、人間どもの不信心によって嫦娥が怒ってウサギ型の溝その他を掘った。表側では死の世界だが裏側は緑にあふれていて、山にはGとかが住んでいるらしい。

[編集] 火星

火星の山は地球と似たような境遇でできたらしいが、大気も薄いので侵食とかも殆どなしで放置プレイされているらしい。重力が小さいこともあって何かとすごいらしい。

[編集] 金星

分厚い雲に覆われた金星では常に硫酸の雨でメタクソに溶かされている筈だが、なぜか惑星の表面は地球ほどではないが凹凸しているのは、ルキフェルの星だかららしい。

[編集] ネオ地球

ネオ地球の山は地球に似ていて植物みたいなものが生えているらしいがダイダラボッチが毎日少しずつ動かしていて地図が作れないらしい。

[編集] アンサイクロペディア星

アンサイクロペディア星のそれは山の様に見えて実はラヴォスの死骸だったりする。たまに生きているのが混じっていて、目覚めるたびに壊滅状態に陥るが、住民のその度に精神ごと別の星の別の時代の生命に乗り移って避難するらしい。

[編集] 住民

マタギシェルパといった人間が住んでいる。更に山窩という戸籍情報のない中二病患者が隠れ住んでたらしいが放浪罪で逮捕されていなくなった。

山によっては(醜女らしい)が住んでいて、いい女を登山に同行させると天候が悪くなる山もある。 特にオリンポス山には12人の男女の神がいたとされる。ちなみにのいることで有名なカイラス山は登ってはならないという仕来りがあり、仏のいない山でもチベット人は山頂を踏まない様に気をつけて歩く。

[編集] 主な山

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語