岐阜県

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、少し前の岐阜県全域について記述しているばい! 名古屋共和国に賛同してしまった半独立国につ・い・て・は「長良共和国」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「岐阜県」の項目を執筆しています。
Wikitravel.png
放浪癖に取り憑かれた人のために、ウィキトラベルのトラベルライター気取りたちが「岐阜県」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「岐阜県」の項目を執筆しています。

岐阜県(ぎふけん)は、日本中部のあたりのである。

県と名乗ってはいるものの、実質的には愛知県の植民地であった。そのため同県が名古屋共和国として独立した後は、飛騨地方を残して同国側に合流し(東海併合)、大豊田連邦傘下の長良共和国として傀儡ながらも独立国化した。

なおこれにより、日本側に残った岐阜県の県庁所在地は岐阜市から高山市に移動している。

野望[編集]

東京から東濃へという首都移転計画が現在内密に進行中である。ところどころに計画表が掲示してあり、教育の一環として岐阜県の小中学校を中心に、「東京から東濃へ~THE BEST PLACE~」という曲が平成5年から歌われている。のど自慢の収録が岐阜県であるときは、必ず歌われていることはあまりにも有名。

地理[編集]

長良共和国木曽県のシンボルキャラクター。今は無き岐阜県の形に見える。

大雑把に、木曽地方(東濃)、西濃地方(狭義の美濃地方)、飛騨地方の三地区に分かれている。美濃地方は前述の通り現在は岐阜県に含まれていないが、日本政府としては岐阜県の独立を未承認としているため、高山市への県庁移転は暫定措置になっている。

美濃地方は日本アルプスと伊吹山地の間の地方であるが、どこも名古屋まで1時間圏内に位置するため、独立後も名古屋共和国の傀儡である。南には「くそしながらいびる」という大泉洋の名言で知られる木曽三川の一つ、木曽川があるに過ぎない。で肝心の名古屋ってどこにあるの??北??それとも近く??と思われて終う。

ちなみに岐阜県内は都市の人口や発展度合いを問わず名古屋までどれだけ早くいけるかでその地域の価値が決まっている。岐阜県内で良い場所と言う場合は必ず「名古屋まで○分」という情報をつけなければいけない。

西濃
  • 中心地は岐阜市で、戦国時代にマムシ退治を行った織田信長によって栄えた都市であるが、現在は見る影も無い。
  • 岐阜から西に行くと物流都市大垣市が、更に西に行くと日本国と長良共和国の境となった伊吹山地がある。東へ行くと難読各務原市と、SQNY工場がある美濃加茂市がある。彦根
  • 平和堂の地盤であり、太平洋にも琵琶湖にも日本海にも1時間程度で行ける為、「名古屋のおまけ」「彦根のおまけ」「敦賀のおまけ」の地域である。長浜に黒壁スクエアが開業した時には、若狭地方民の次に駆け付けた。
  • 岐阜市では、小中学校の授業に「鵜飼」があり、この単位を取れないと卒業することができない。「国語、算数、理科、鵜飼」という言葉の発祥地である。大体週3程度で鵜飼の授業が行われている。
  • 休日になるとみんな名古屋へ遊びに行ってしまう。そんな西濃民のために国道22号は最大で10車線に拡張されたけど、それでも渋滞が絶えない。みんなトヨタばっかにお布施しないでオレンジ色の電車赤色の電車にも乗ってあげてよぉ!
木曽
  • 中心地は中津川で、長野県の解体・再編にも賛同している。南木曽以北は、鎌倉時代に美濃国から強引に分離されたが、近年になって悲願の復帰を果たした。
  • 桧が有名で、中山道宿場町が多く立ち並ぶ。木曽川の流域で、木材の大産地である。
  • あまり知られていないが、中央本線中央自動車道がこの地域を貫いている。さらに近い将来、中央新幹線の駅ができれば「名古屋まで○分」の看板が取り払われ「東京までン十分」の看板が乱立することであろう。
  • やはり休日になるとみんな名古屋へ(ry
飛騨
  • ほぼ全土が山地で腐海に包まれており、文明化の進んだ都市から遠く離れているため、明治から現在にいたって戦乱状態が続いていた。しかし近年平成の大合併によって統一が進み、現在は清見氏や上宝氏を滅ぼした高山市と、神岡氏や古川氏の連合によって登場した飛騨市、そして温泉の産地下呂市の三分割統治の状況となった。
  • 近年なぜか急激に有名になった雛見沢村を抱える白川村も、義勇軍や落武者傭兵隊を使った巧みな戦術により、なんとか独立を保っている。
  • また、腐海に包まれているせいか、田舎にしては腐女子、腐男子が多い地域としても有名である。
  • 休日になると名古屋ではなく富山へ出かけていく住民が多い。そのため、全国で最も見かけない飛騨ナンバー車を富山じゃ当たり前のように見かける。

関連項目[編集]