岸本斉史

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「岸本斉史」の項目を執筆しています。

岸本斉史(きしもと まさし、1974年11月8日 - )は、日本国メリケン州出身の日系4世である。中国系との混血でもあり、「ニンジャマン」と「チャイニーズ・ヌードル」は幼い頃からの憧れと好物であった。日本語がカタコトのため、「……」所謂、無言のジェスチャーを多様する。漫画の台詞が単調なのは、彼の経歴と関係がある。全く大した奴だ…まさかこれほどとは…

現在、どたばたラーメン屋コメディNARUTOを連載している。

岸本斉史という人物は[編集]

岸本は元は工場勤務を勤めており、そこで味わったラーメンの味の屈辱から「北斗の拳」を全買い。それが為に工場長に就任し、ディーラーから表彰を受けた。そのディーラーの息子と親しくなり、彼が喜ぶような漫画を描こうと思い立った。非常に篤実な人格で、マネの影響を受けている。

作風[編集]

岸本は業界で定着した「台詞を右上から左下へ読ませる表現」を「カメラ位置の固定を招く」と批判しているが、大した奴ならそういうのも何とかなるはずである。彼は絵柄は極力、テクスチャーを使わずに表現するために工夫している。テクスチャーをもう少し使った方がいいが、やはり天才か…。

また、彼は熱心な研究家でもある。アニメの流動的な描写をみて「こいつ…出来る…」と感嘆し、「これほどとは…認めてやろう…大したガキだ…」と、どこぞのアニメーターを評している。

主だった台詞は、大した・まさか・やはり・さすがの4パターンで構成され、『NARUTO』の作中でも六千億回繰り返されている。そこに気付くのは大した奴じゃなくてもできるし、やはり天才でなくとも可能。作者は天才的な頭脳を持つ大した奴なので、こうした見え見えのパターンをあえて続けることで読者を惹きつけて止まない。諦めるのを諦めろ。認めてやろう、大した洞察眼だ

逸話[編集]

  • 若い頃、見ようと思ってた映画『セブン』の全容を美容室で聞かされる拷問にあう。これに激怒した岸本は、数年後にこの悔しさを多くの人に伝えるべく『NARUTO』の単行本内で、『セブン』がいかに面白そうかを前フリした上でのネタバレを行った。この発言内容は、多くの読者から「究極の感情移入」と絶賛された。

岸本斉史の生い立ち[編集]

岸本は岡山県で双子の兄として産まれた。弟はサタンである。そしてこの世の全てを知り、弟を救うために急襲蚕業大学芸術学部へ入学した。岸本自身はショボ大学と言っているが、北条司黒星紅白などはこの学部の卒業生である。大した奴らだ・・・。

岸本斉史は何故ラーメンというテーマを選んだのか[編集]

ラーメンが兎に角好きだったとしか言いようがあるまい。ラーメン屋の店員だった経歴は無いのだが、こまごめピペットを溺愛し、ラーメンの名店巡りをし、こまごめピペットでラーメンの汁を採取し、標本にして漫画の取材をしたということである。

岸本斉史という人物の魔法に対する造詣[編集]

魔法とラーメン。あまりに幼稚すぎて誰もしなかった異物の組み合わせだが、岸本にとっては常識的なものであった。それを常識とするところが、まさに岸本の偉才を物語る所以である。魔法については「週刊少年ジャンプ」(集英社)の歴代作家の中で誰よりも詳しいと言われており、それでいて知らないふりをし情報収集をする篤実な性格はジャンプ作家の中でも愛されている。

岸本斉史異聞録・その1[編集]

ラーメン屋の店員を目指す少年、というコンセプトは自分の子供時代の大きな夢を反映したものである。『NARUTO-ナルト-』(ナルト)に登場する大蛇丸は、彼の邪念のたまもの。はるのさくらは少年時代の恋人の投影。はたけカカシ案山子うずまきナルトは自身の思い出、そしてうちはサスケは本人の憧れの投影である。

岸本斉史異聞録・その2[編集]

ストーリーは、魔法を使ってずるをしながら美味しいラーメンを作る、というもの。傑作なのは黒胡椒を間違ってカカシに振りかけてしまい、うちわサスケは間違って黒魔法を自分にかけてしまい、その混乱のせいで木ノ本さくらが元気をなくしてしまうシーン。そこに大蛇丸の「どですかで~ん。」というクールな突っ込みが入り、みんながやる気をなくしてしまうという落ちは2次元界で大絶賛され、やほ~と岸田が叫んだ。そのせいで岸田の漫画は常に三位以内の勝ち抜き投票を得て、「やっと美味しいラーメンが食えたよ」とこぼしたという。

岸本斉史異聞録・その3[編集]

どのストーリーも面白く、ここで全てを紹介する事はできない。しかしうすた京介の絵柄で「いきなり最終回!」を披露した時には、読者全員どっちらけ、岸田は痛恨の表情で「すまんですたい」と誌上で謝罪会見。その篤実な態度に「週刊少年ジャンプ」(集英社)総員で涙をこぼし、水木プロが「近年稀に見る偉才である」と大絶賛。岸田は調子に乗ってソースを溢した。滝川一益に似ていると言われるのはそのためだ。

関連項目[編集]

書きかけだ 記事は面白ければいいんだ。面白いものは削除されない。当たり前だ。
だが この「岸本斉史」は面白くない
面白さを視野に入れるなら特に内容だな。誰でもいいから面白い記事を期待しているぞ。 (Portal:スタブ)