峰岸綾乃

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

峰岸 綾乃(みねぎし あやの)は、陵桜学園高等部に属する女子学生の一人。漫画幸星」の登場人物の一として知られる。

人物概要[編集]

気苦労は絶えない

旧知の仲である日下部と同様、「幸星」において初期は通行人の扱いとされていたが、同級生で主役格の人物である柊鏡の人気の高騰と日下部の人気躍進に伴い、それに便乗する形で立場を向上させることに成功した。もともと天性愚人系の日下部と、秀才実直系の柊の仲を中和する界面活性剤の役割を果たしていたため、日下部の躍進を支えるには不可欠の存在といえるものでもあった。

人物像は母性的、家庭的な面が強い。それでいて高良美幸のように高貴・超人的な要素は少ないことから、比較的早期に男性の目に留まる存在となり、「幸星」における主要10人物の中で唯一、男性と交際関係を有する人物となった。なお相手は日下部美紗緒の兄とされており、創始が分かりやすい事例と看做すことが出来る。またそれゆえ、晩婚少子化が進む昨今の日本において、その流れに逆らう存在となる可能性が高いとも看做されている。

また高良と同様、普段が温厚であるため、憤慨したときは恐ろしいことになるといわれているが、それはようは普段と比較して「相対的に恐ろしい」ものであろうに、何故か周辺からは「絶対的に恐ろしい」と看做されることが多い。漫画という作品上で、常に生じやすい誤解の一つといえる(日向冬樹なども同様)。

家庭的で温和な性格のため、同じく家庭的でおっとりした柊司とも親しく、高校卒業後も日々遅くまでメールを交換しあい近況を語り合い、特技料理においては互いに認め合い、そして切磋琢磨しあう仲である。

鶴屋のそれと同様、でこは「神聖ニシテ犯スベカラズ」ものとされている。

風紀委員として[編集]

また、彼女はクラスで風紀委員を務めており、その事について幼馴染の日下部みさおは以下のように述懐している。

風紀委員って、ツンデレとか眼鏡っ娘がお約束のキャラだってヴぁ。学園ものラノベ漫画ゲームに良く出てくるけど、主人公だったりすることは少ないと思わない?峰岸に教えてもらったんだけど、ウィキで調べたら250以上も記事があるんだぞ(2010年2月調べ)。それでぇ、ラノベとか人が作った話が190くらい、リアルのガッコが18もあるだってヴぁ。もっと驚いたのは、バトル好きな人も風紀委員を選んでるって不思議な話(16記事)。他にも声優さん、漫画家さん、雑誌やラジオ番組とかもあったけど、電車(富士急行2000形電車)とか反則じゃね?

 関連項目 [編集]

  • 矢部彦麿 - 同じく、背景キャラから立身出世を遂げた陰陽師
  • 背景コンビ - みさおと結成、かがみの背景として活躍している。
柊つかさ2.jpg つかさです。この項目「峰岸あやの」はらき☆すたに関連した書きかけ記事なので、誰か加筆してあげてください。それじゃ私はもう寝るね。おやすみ~。あっははバルサ巫女すぅ~ (Portal:スタブ)