島袋光年

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「帰ってきた帰ってきたおつとめを終えて帰ってきた」
島袋光年 について、木多康昭
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「島袋光年」の項目を執筆しています。

島袋 光年(しまぶくろ みつとし、1975年5月19日 - )は、沖縄県出身の女子高生ハンター。通称・しまぶー週刊少年ジャンプ世紀末リーダー伝たけし!を連載していたが、女子高生を8万円でハントしたため逮捕された。ハンターライセンスを保持する。よってHUNTER×HUNTERにも出て来る。

概要[編集]

沖縄の出身で幼い頃より大自然に囲まれて育つ。幼少期に出会った女子高生ハンターにより、自然の厳しさと同時に女子高生のことを教えられ、女子高生ハンターという職業に憧れを抱くようになる。その後、女子高生を探すためと、自分の夢を叶えるために沖縄を出て、ハンター試験を受ける。

試験の途中で出会った、東園馬々山元池輝鷲尾一次の3人とは共に力を合わせて試験を乗り切り、いつしか友情で結ばれた仲となる。また、木多康昭とは彼から才能を認められて一種のライバル関係となる。その後、世界を見て回る旅に出る。その途中で集英社で出会った編集者によって週刊少年ジャンプで、世紀末リーダー伝たけし!を連載し始める。

『たけし』連載当時は、高額納税者番付の女子高生ハンター部門に掲載されていた。しかしながら、2002年8月、本業である女子高生ハンターの活動中、神奈川県警に逮捕される。その後は主に島田武の偽名を使い女子高生ハンターとして活動していたが、2008年5月『週刊少年ジャンプ』25号より「トリコ」でおつとめを終えて帰ってきた。

トリコにてネオが蛇王の胃液を飲み干した時に書かれていた一文からすると 胃液が炭酸になっていると勘違いしている節がある

主な作品[編集]

世紀末女子高生ハンター伝たけし!
扁平頭に太い眉しゃくれた顎に無精髭、服装はランニングシャツに半ズボンといった濃い外見のおっさんたけしが女子高生をハントする姿を描く。小学館漫画賞女子高生部門を受賞。作者自身も出演。
RING
見ると一週間後に死ぬビデオを見た高校生が女子高生をハントする姿を描く。青年誌で連載されたため棒状のものに穴があいたものを通す描写がある
トリコ
女子高生ハンタートリコを主人公とした作品。主人公の名前トリコは女子高生の虜を意味する。

関連人物[編集]

アシスタント[編集]