工作員

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

工作員(こうさくいん)とは、特殊な任務を行う者たちの事である。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「工作員」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Bouncypotato.gif
この記事「工作員」は何故か「スパイ」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

歴史[編集]

工作員の起源は、有史以前にさかのぼるといわれ、はっきりしない。現在では各国で多くの工作員が確認されており、日本国内にも多数存在することが確認されている。今は北朝鮮の工作員が取り上げられることが多いが、工作員が存在する国は北朝鮮に限ったものではないので注意が必要である。

工作員の存在は当然のことながら国家機密である。また、一般人が工作員として活動することもある。

主な任務[編集]

工作員の主な任務は次のとおり。

  • 絵を描く - 対象はさまざまであるが、母の日の前には「おかあさん」、父の日の前には「おとうさん」を描くのが定番である。
  • さまざまなオブジェを作る - 家、交通機関、建造物などが一般的である。
  • 折り紙を折る - 紙飛行機をはじめ、さまざまなものをただ1枚~複数枚の紙で製作する。最近では千円札を使うことが流行となっている。
  • 潜入用のダンボールを作る。 最近では!の付いた物が無能な兵士たちを誤魔化し易いと言う事も分かった。

工作員の道具[編集]

工作員は、その任務の特殊性のため、さまざまな工具を使用する。以下に一例を挙げる。

  • ハサミ - 必需品である。幼稚園小学校低学年のころから使い方を教えられ、年齢が上がるにつれて高級品を使用することが認められるようになる。
  • のり - 昔は原料として米を使い、使うには指やヘラを使う必要があったが、最近ではスティックタイプが主流となっている。
  • カッターナイフ - 以前には存在しなかったが、発明以来、爆発的に普及し、今では必需品となった。ちなみにそれ以前に使われていたのは「肥後の守」であるが、30代以下の者は存在すら知らない。 一部の熊髭の美食屋は、CGQナイフと言うナイフでアッー! 刺された方はウボァー
  • 定規 - 昔は竹製であったが、最近は合成樹脂製が主流。透明のものは、他人から借りる場合、油性インクなどで汚すと激怒される場合があるので注意が必要である。
  • 絵の具と筆 - 水性と油性があるが、初心者は水性しか使用できない。上級者はアクリル素材のものを利用することもある。

工作員の活動場所[編集]

幼稚園・小学校に始まり、その先は工事現場、外国、さっぽろ雪祭り会場とさまざまである。

関連項目[編集]


わくわくさん.jpg うん、ゴロリぃ、この「工作員」はね、まだ作りかけなんだぁ。だからね、ここをね、こうして、こうしてぇ、…こうするとぉ!…ほぉらできたぁ!それじゃあみんなもたのしく加筆してみてね!つくって、ワクワク! (Portal:スタブ)