年賀状

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

年賀状(ねんがじょう)とは、新年を迎えた日本国民に一年の始まりと同時に税金を納めさせるため、日本政府が考案した徴税法のことである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「年賀状」の項目を執筆しています。

年賀状の書き方[編集]

「あけましておめでとう」や「謹賀新年」など、新年を祝う文句を必ず書く。 又、干支と呼ばれる12年周期で一周する動物(トラッキージャビットドアラ等)の序列からその年に該当する動物があらかじめ決定されており、その動物の絵を載せることが多い。 これは日本政府が動物愛護の広告代を節約するために考案した宣伝方法である。

免税適用者[編集]

前年に身内に死者があった者は人道的配慮から年賀状を出す義務が免除される。 しかし、この免税に狂喜してそのことを自慢する手紙を知り合いに出す者が多く、こうした行動もまた日本政府の財源となっている。

過徴税の還付[編集]

年賀状には専用のはがきが用いられ、その下部に書いてある番号を利用した抽選を行い、当選者にのみ税の還付が行われている。これは、「いくらなんでも年賀状1通で50円の税徴収は過ぎた税負担だ」という人道的配慮による。

還付はお年玉切手シートや各地の特産品の詰め合わせなどを直接給与される形で行われる。現金で還付を行わないことに対しての批判が近年強くなってきている。 また、投函する前に予め年賀状の番号をメモし相手宅に押しかけトラブルとなる事件が多発しているため、スクラッチ印刷で番号を隠した年賀状の開発が検討されている。

滞納[編集]

国民の一部には「年賀状は年が明けてから書く」などとほざく倹約家がおり、効果的な徴収の妨げとなっている。中には、前述したような還付の強奪を確実にするため、当選番号発表後に年賀状を使う者もいる。これに対抗すべく、政府は出版社に年賀状の知識や作法を扱った雑誌や書籍の印刷を行わせ「遅れた年賀状は使用せず寒中見舞いを出す」などとのしきたりを流布し、寒中見舞い用のはがき、切手の販促に努めている。

関連項目[編集]