幼児語

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「幼児語」の項目を執筆しています。

幼児語(ようじご)とは乳幼児が発する言葉、或いは乳幼児にわかりやすいように用いられる言葉である。喃語とは異なり、聞く側にやる気があれば意味は通じる事が多い。聞く側に十分な知能があれば意味はほぼ間違いなく通じる。つまり、子供が何を言っているの分からないというのは、相手がガキだからではなくあなたが無能だからである。  

代表的な幼児語[編集]

  • 擬声と反復
    • ぶーぶー 自動車のこと。稀にを指す事もある
    • わんわん のこと。稀に警察官を指す事もある
    • うんうん 糞便、或いは排便行為の事。                                            ポッポ 鳩山由紀夫
    • (海外)bow-wow 犬のこと。「ばうばう」と言う感じらしい。
  • 撥音の挿入
    • まんま 食事、或いは米飯の事。
    • ウォォ~アンマァエアウエァ~クハッ!キャハ!ケヘァ!カハァ! この苺味のスパゲッティは甘くて美味しいですね、という事。
    • うんも 糞便、或いは排便行為の事
  • 長音化
    • じーじ、じーじー 祖父、或いは祖父と同じくらい年の離れた男性のこと。
    • あーうー
    • (海外)mew-mew の事。みゅーみゅーと言った感じだとか。

幼児退行語[編集]

さて、幼児語に似て異なるものに幼児退行語がある。これは実際の幼児は使う事はないが、幼児の真似をしたり幼児以下の知能しか持てなかった人々が使う言葉で、つまりは一種のイメージプレイ用語である。以下に例を挙げる。

にゃんにゃん
猫の幼児語だと思われがちだが、実際の幼児は猫を「ねこさん」だとか「にゃー」と呼ぶ事が多い。
「にゃんにゃん」などと言う長ったらしい言い方を好むのは、大抵は助平親父か夕やけニャンニャン世代であろう
でちゅ
「です」の転訛だが、幼児はですます調で喋る事は滅多に無い。幼児にですます調で話しかける意味も薄い。
ちんちん
男性器の幼児語として使われる事もあるが、大抵はいい年こいた大人が「ペニス」と言うのが恥ずかしくて照れ隠しに使う逃げ道である。
このページはこのリンクを張りたくて立てた。もう満足です。

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「幼児語」は何故か「赤ちゃん言葉」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。