幼馴染属性

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

幼馴染属性(おささなじみぞくせい…読みにくい)とは、幼年期のころからの、異性の友達(いわゆる幼馴染)を崇拝する宗教である。「世界中皆同学年」を信条としている。

歴史[編集]

「幼馴染属性」の始まりは、西暦239年に、卑弥呼からのお告げを受けて始まったと主張している。藤原道真なども信者であったとされる。その後、しばらく信者人口はなだらかな上昇だったが、近年のオタクブームにより、信者は加速度的に増加している。 ここからは、幼馴染属性の詳しい歴史が記述されています。

弥生時代から平安時代[編集]

239年 卑弥呼のお告げを受け発足。
496年 信者500人突破を祝い3月22日を祝日とする。
794年 平安京内に「幼馴染堂」建設。
867年 藤原道真が信者となり、知名度が奈良レベルから西日本レベルとなる。
1159年  幼馴染属性と妹属性の対立による平治の乱が起こる。(妹属性の勝利)

鎌倉時代から江戸時代[編集]

1187年 源頼朝が妹属性であったため、敗者の幼馴染属性は厳しい弾圧を受ける。
また、源義経であったことに腹を立て、奥州藤原氏と共に殺してしまう。
(のちに奥州藤原氏も源頼朝によって成敗されている。)
1192年 妹属性による鎌倉幕府が成立。これによって、
幼馴染属性はえた・非人扱いとなる。
1333年 鎌倉幕府が姉属性の後醍醐天皇によって倒される。
この際、幼馴染属性は指をくわえて見るしかなかった。

その後、まぁ特に何もなくやってましたよ。うん。 みんなに白い目で見られながら・・・。

明治時代から昭和時代[編集]

1868年 明治維新により、眼鏡っ子属性を中心とした本格的立憲君主制の政治が始まる。
実は、この時大久保利通が幼馴染属性の信者だったため人権を保護された。

余談になるが、福沢諭吉が、「やっぱり幼馴染のさっちゃんがええの~」と記述している。

1920年 大正デモグラシーの影響で信者がなだらかな上昇から下落に転じる。
1945年 大東亜戦争太平洋戦争)が終結。下落が止まる。
1947年 マッカーサーが、幼馴染属性の信者となり知名度が西日本レベルから全国レベルに。

よくここまで読んでくれました。では、激動の平成の世へ・・・。

平成時代[編集]

1995年 ビル・ゲイツの会社がパソコンを普及させる。
この頃から、信者はじわじわ増え始める。
2000年頃 オタクが一般市場化されるようになり、信者がどっと増え始める。
2004年 電○男などの影響で、オタク肯定派が増えてくる。
これ以来、加速度的に信者が増加。

「これから、大変だったんだよ・・・。本部とか大きくしなきゃいけないしぃ・・・。」(男性幹部) またまた余談だが、近年の「コミュニケーションの低レベル化」によって古くからの 繋がりのある人ぐらいしか見えなくなった(精神的に)ので、幼馴染を崇拝するような人が 増えたのではないか?とチャーチャル博士は語る。

象徴[編集]

この宗教の象徴は、小学校体育館の裏と幼稚園ベンチである。もちろん、秋葉原東京国際展示場もそうであるが、こちらはどちらかと言うと聖地に近い。

特徴[編集]

姉属性などと比べると、たいして信者数は変わらないが、信者ではなくとも、幼馴染を好きになる人は多いので、もっとも加入しやすいと言われる。また、恋愛ゲームの中で主人公とヒロインの関係に多い設定である。

祝日[編集]

この宗教での祝日は3月22日だが、休日ではなくみんなで必死の思いで入手した、幼馴染のメールアドレスで、昼11時~3時の間メール交換を続ける儀式を行う。 ちなみに、

などの場合、神子と呼ばれることとなっている。(前例なし)

よって、

  • メールアドレスが変わっていた。
  • 途中で飽きられた。
  • 途中で「バイバイ」又は、「おやすみ」といわれた。

などといった失敗しかないとチャーチャル博士は推測する。 この場合、現実世界から離れていく。これを「魔法使い見習い合格」と言うはず・・・。

信者数[編集]

  • 「さっきから加速度がなんだのかんだのうるさいけど信者の数は?」と怒鳴っているそこのYOU!(係長)
  • 信者の数は、統計が取れないので正確な数は分からないが、約10万人が本部に登録しているよ!(青年部副部長)
  • だからぁ、非登録の隠れ信者をぉ~、含めるとぉ~、だいたい~、30万人くらいかなぁ?(受付嬢)

このように、たくさんの個性あふれる信者さんがいます。

さぁ、あなたもぜひ!この幼馴染属性に入りませんか!


この項目「幼馴染属性」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)